ランニングするなら朝と夜どっちがオススメ?についての実験結果と考察

ランニング,フルマラソン,nike,nikeplus,running,ジョギング,走る人,走るひと,ランナー,ナイキプラス ,東京マラソン,garmin,ガーミン,jins,jinsmeme,ジンズ,大阪マラソン,那覇マラソン,アンダーアーマー,夜ラン,朝ラン,マラソン,トレーニング,ナイキ 健康・美容

こんにちは!フルマラソンランナー タカヒロです(@kyohirofuku
ここ半年ほど、ランニングのスタイルを変える実験を行ってきました。

まず始めたのが、朝走るのではなく、頭が働きにくくなる夕方以降に走るということです。

頭が働く朝は、なるべくアタマを使うこと(ライティングや勉強など)を行い、頭が働かなくなる夕方以降にランニングをするというスタイル。

非常に合理的ではじめの頃は気に入っていたのですが、走れば走るほどあることに気がつきました。

朝走る場合に比べ、夕方走ると一日の充実感がまったく違う(=朝の方が充実感が高まる)のです。
朝走る場合は、遅くとも9時にはランニングは完了しています。

そのため、

タカヒロ
今日は何しようかな〜ランニングも終わらせてるし、ワクワク。

という非常に余裕がある気持ちになります。

しかし、これが夕方のランニングだと

タカヒロ
家に帰るともう夕方か。。明日の仕事が憂鬱だなあ。。早く帰ろう。。

という1日の終わりが近づいていて、どことなく儚い(はかない)気持ちのまま走ることになります。

また夕方なので人も多く通行していて、微妙に走りづらいんです。。。

タカヒロ
明らかに、朝走った方が気持ちの面で健康的じゃね?

ということで、これからは朝ランに戻してみます!

ランニングほどの手軽に気分転換になる方法は、私の人生の中で他にはありません。

人生にランニングの時間を少しでも作り、今後も毎日を充実させていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク