立ち止まって休んでもOK!これが初心者フルマラソン完走への重要な第一歩です

フルマラソン コツ ランニング

こんにちは!初心者フルマラソンランナーのタカヒロです(@kyohirofuku

昨日のブログ、

を公開したところ、読者のかたから下記のようなご意見をいただきました。

「ふんふんと読んでいたけど、走りながら水などを飲むって難しいですよね…飴食べながら走るのも喉に詰まりそうです^^;」

ごもっともな疑問だと思います!

今日はこの疑問に関してお答えします。

そしてこの疑問が解決すれば、安心して長距離マラソンを走ることができると思いますよ。

では、早速参りましょう〜

立ち止まっても休んでもOK!補給食は休みながら食べよう!

私も初めはそうだったのですが、

マラソンでは立ち止まっても全然OK。

ということをまずはお伝えしておきます。

子供の頃は、学校の行事などで持久走大会を走るときに、

「立ち止まるな、走れ〜!!」

「立ち止まるとかっこ悪い」

「立ち止まるのは根性がないからだ」

なんてことを思いながら走っていましたし、実際に他のみんなそう思っていました。

ただ大人になってからの長距離マラソン、

しかも初心者の長距離マラソンについては、

立ち止まっても全然OKです。

ランニング

立ち止まらずに無理して頑張って、補給食もろくに食べずに後で失速、お腹が減って地獄のキツさを味わう、、、なんてことになってしまいます。

フルマラソンは4〜5時間もあるんです。立ち止まって、休んで、自分のペースでゴールする。休もうが何しようが、ゴールできればいいんです。

 

立ち止まる時に注意すべきことは、端に寄って後方確認!

▲の記事でもお伝えいたしましたが、私は自分の決めた距離で立ち止まりエイド(補給食)を食べています。

そしてランニング中に立ち止まってエイド(補給食)を食べる際に、急に立ち止まったら、後ろのランナーがビックリしてぶつかってしまいます。

そこで、立ち止まりたい!と思ったら、まずは端によって後ろを向いて人が来ていないことを確認して、立ち止まりましょう!

そして栄養補給です。

 

飴は口の左右どちらかのほっぺに入れておきます

ランニング中の飴は走りながらなめるしかありません。この場合注意すべきなのは、
舌で飴をなめずに左右どちらかのほっぺに入れておくということです。
舌でなめると、走っている振動で勢い余って飴が喉に入っていきますので注意です。

 

立ち止まってもいい!これが初めの第一歩

以前は、立ち止まらずにいかに早いペースでゴールするか、ということに固執していたため
ランニングも10kmを走るのが限界でした。

しかし、立ち止まってエイド(補給食)を食べてゆっくり走ってもいいということを知ってからは、心がすうっと軽くなり、より長い距離を走れるようになったのです。

立ち止まっていい!休んでいい!これを実践すると思った以上に走れる自分を発見できると思いますよ。

今日はこんな感じで!

 

フルマラソン完走に役立つおすすめエントリーはこちら!