360度カメラ リコーのシータS(Theta)を開封!別売り純正ケースとストラップも紹介するよ

こんにちは!カメラ撮影大好きタカヒロです(@kyohirofuku

作家のはあちゅうさんがリコーのシータ(Theta)を持っており、なかなかユニークな写真を撮っているなーと思いながら、何度もはあちゅうさんのブログでシータ(Theta)で撮影した写真をみていました。

こんな感じのユニークな写真が撮れます▼

そうするうちに、だんだん脳内にシータ(Theta)で写真を撮りたい!という欲求がたまり、ついに臨界点を超えたため、シータS(Theta)を購入してしまいました。



今回は、そんなシータS(Theta)を開封した時の様子と、純正ケース、ハンドストラップのご紹介をしたいと思います。

では、早速参りましょう〜

さっそくリコーのシータS(Theta)を開封してみました

こちらがリコーシータS(Theta)の箱です。高級感のある黒い箱です。さすが最上位機種。箱だけでテンション上がりますなあ。

こちらがシータS(Theta)の同梱物。勢いあまってシータS(Theta)の別売りカバーを買ったのですが、同梱物にもカバーがついてました。。

タカヒロ
別売りのカバーの方が作りがしっかりしています。私は別売りカバーをオススメします。



スポンサーリンク

リコーのシータS(Theta)にはハンドストラップをつけると安心ですよ。

また、シータS(Theta)を落としたくないのでハンドストラップも購入しました。大事な大事なカメラですからねー。またお値段も安いので、買っておいて損はないです。



旅行中に船の上で使ったり、バスに乗りながら使ったりと、落としたくないシーンでもたくさん使います。ハンドストラップがあるだけで、使うときの安心感が違います。



タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?私はリコーのシータS(Theta)で何度も撮影をしていますが、ハンドストラップと純正カバーはさすがに便利です。撮影するときの安心感が違います。 リコーのシータS(Theta)を買うかたは、一緒に買うことをオススメします!

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。