僕があえてRICOHの初代GRを買った理由とは?【RICOH GR1、2、3の簡易比較表あり】

商品レビュー




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

GWの帰省中にRICOHの初代GRを購入した。

GW前は全く購入する気が無かったのだが、私の深層心理に買いたいという気持ちがあったためか、購入した。

RICOH GRといえばファンも多い、最強のスナップシューター。

私がRICOH GRを購入した理由や使い勝手をレビューしていこうと思う。

では、早速いってみよう!

私が初代RICOH GRを購入した理由

私が初代RICOH GRを購入した理由

  1. iPhoneの画質以上のクオリティーを知っているから。
  2. ミラーレス一眼を持ち運ぶのには、ちと重いから。
  3. ブログのレベルを一段上げたいから。
  4. 息子とのいろんな思い出を高画質で残したいから。
  5. とにかくリコーの初代GRがカッコいいから。

iPhoneの画質以上のクオリティーを知っているから。

以前は、オリンパスのPENを使ってブログに記事をアップしていた。

その時から思っていたのが、iPhoneとは全然違う実感、空気感の写真が撮れるということだ。ボケ感とか写真の力強さが違う。

その体験をしているからこそ、iPhoneではなく専用機で写真を撮りたかった。

ブログのレベルを一段上げたいから

写真の質が上がると、ブログの質もグンと上がる。これは他人のブログを読んでいても感じるところだ。写真の撮り方ひとつで、ここまで印象が、変わるのか?というくらい変わる。

息子とのいろんな思い出を高画質で残したいから。

息子との思い出や息子の成長を綺麗な形で残していきたい。そんな思いが強い。

(ある意味息子のせいにしてるかも(笑)GoProも同じ理由で買ったし)

とにかくリコーのGRがカッコいいから

これが1番大きな理由かな「とにかくリコーの初代GRがカッコいいから」

セカンドストリート桧原店で、カメラのショーケースでRICOH GRと出会い、一目惚れ。

買う前にRICOH GRについてネットで調べまくりました。

RICOH GRシリーズとお値段感

RICOH GRは、これまでどんな製品が出ていたのか、今出ている最新モデルは何なのか?私の地元のセカンドストリート桧原店にあるモデルは、そのうちどのモデルなのか?を調べた。

調べてみた結果、RICOH GRはGRデジタルというカメラが1〜4まで、第五世代以降はGRという名前でⅰ〜ⅲまで発売されている。(2021年5月時点)

ちなみに私が見つけたのは、2013年に発売されたRICOH GRだった。

ここから、RICOH GR ⅱやⅲのお値段をメルカリやAmazonで調べ、初代GRの相場感も調べた。

RICOH GR ⅰ 〜3万円代(中古)
RICOH GR ⅱ 〜6万円台(中古)
RICOH GR ⅲ 〜8万円台後半

と言った感じ。

タカヒロ
さすがに6万円〜8万円は高いな。。

そこで、GRⅰ〜GRⅲまでのスペックを比較してみたがGRⅲにはwi-fiがついてるってことぐらいで他は気にするほどのスペック差ではないかなと。

こちらがRICOH GRのスペック表▼

タカヒロ

まぁ、wifiくらいならGRⅲにする必要ねーな。

なんといってもデジカメなので、スマホのように7年前のモデルだからといって、遅くて使えない、使いにくいということは無いハズ。

ということでGR購入に踏み切った。

RICOH GR 開封レビュー

中古品なので箱や本体に使用感があった。

特に本体のグリップ部分は白くなっており(多分これが安い理由)拭き取ろうとしたが、無駄だった。

この汚れも含めて味があっていいかな、と思いそのまま使うことに。

私が生まれた福岡で長い時間をかけて使われてきた証として残しておく。

そんな時の流れを感じながら使うのもいいかもしれないなと。

充電器や取り扱い説明書は一通り付いていた。(取説があるのは、地味にありがたい。使い方がわからんところもあるので。)

RICOH GRの使い勝手

究極のスナップシューターというだけあって、さっと取り出せてすぐに使える。

ポケットに入るサイズが嬉しい

画質も流石のデジカメという印象(スマホとはち 明らかにちがう。)

凛とした空気感と単焦点レンズならではの明るさがある。

タカヒロ的まとめ

衝動的に買ってしまったRICOH GR。

これからは常に持ち歩いて沢山の思い出を残しておこうと思う。

そしてRICOH GRファンの方とお知り合いになり、撮影会なんかにも参加したいな。

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

(おわり)

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク