初バードウォッチング!大阪城公園で野鳥を観てきたよ

バードウォッチング 大阪城公園 野鳥

こんにちは!犬を飼ってから動物好きになったタカヒロです(@kyohirofuku

先日、友人のバードウォッチングのイベントに参加してきました。バードウォッチング自体初めての経験でこんな世界もあるのか!と驚きの連続でした。バードウォッチングの持ち物としては、双眼鏡やカメラ、歩きやすい服装などそこまで特別な道具は必要ないので、気軽に参加できました。

また、鳥の見つけかたは、聴覚と視覚をフルに活用して鳥を見つけるところが基本です。今回は、それぞれの内容を詳しくご説明していきますね。

では、早速参りましょう〜

バードウォッチングの持ち物

バードウォッチングに持っていく持ち物はこちらです。

  • 双眼鏡
  • カメラ
  • 歩きやすい靴(スニーカーでOK)
  • 防寒着(川沿いに行く場合。川沿いは寒い。)
  • 望遠のカメラを持っていなかったので、購入しました▼

    OLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
    オリンパス (2013-03-01)
    売り上げランキング: 8,833

    そして私のカメラがこちら▼

    OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL1レンズキット ホワイト E-PL1 LKIT WHT
    オリンパス (2010-03-05)
    売り上げランキング: 108,644

    このカメラとレンズで満足のいく鳥の写真を撮影することができました。(写真は後ほど紹介しますね。)数十万のカメラを買わずとも、ミラーレスカメラと望遠レンズで充分楽しめます。

    バードウォッチングの楽しみかた

  • 耳を澄まして鳥の声を聞く▼
  • バードウォッチング 大阪城公園 野鳥
  • 鳥の声を聞き、肉眼で鳥の大体の位置を確認し、双眼鏡で鳥を見る▼
  • バードウォッチング 大阪城公園 野鳥
  • カメラで撮影▼
  • バードウォッチング 大阪城公園 野鳥

    そしてさらに注意したいのが、他のバーダー(野鳥観察をするひと)の前に行かないことです。鳥と他のバーダー(野鳥観察をするひと )の間に行くと、バーダー(野鳥観察をするひと )の邪魔になりますよね。また、騒いだりして鳥を逃がすようなことも禁止です。みんながいる場所だからこそ、マナーには注意しましょう。

    今回のバードウォッチングで私の撮影した写真

    初めてのバードウォッチングにしては、なかなか良い写真が撮れたかなと思います。友人が的確に鳥の居場所を教えてくれたおかげです。

    バードウォッチング 大阪城公園 野鳥

    ▲桜とヒヨドリ(大阪城公園)

    バードウォッチング 大阪城公園 野鳥

    ▲コゲラ(大阪城公園)

    大阪城公園に行った後は、JR島本まで移動し、淀川沿いに行きました。ここには、なんとコミミズク(フクロウみたいなやつ)がいたんです!その姿を激写できて満足です▼

    バードウォッチング 大阪城公園 野鳥

    ▲コミミズク(淀川)

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?バードウォッチングは、よほど本格的にやる場合で無い限り、たくさんのお金をかけて道具をそろえる必要もありません。気軽に参加できると思います。写真の撮影も、ミラーレスのカメラと望遠レンズ(または望遠機能付きのデジカメ)でも充分綺麗な写真を撮ることができます。

    また、バードウォッチングは、耳で聞いて、目で見るという人間の五感のうちの二つをフルに生かすので、単純に肉体を使うのとは違った心地よい疲労感も体験できます。暖かくなってきましたので、双眼鏡を片手に鳥を見にいく、っていうのもいいかもしれませんね!

    今日はこんな感じで!

    もう1記事読んでいかれませんか?

    海遊館プロデュースの水族館NIFREL(ニフレル)の魅力「生き物との距離が近い!」

    2016.03.15

    大自然にガッツリ癒される!エキスポシティのOrbi(オービ ィ)大阪に行ってきたよ!

    2016.02.23

    超初心者の私でもLINEスタンプを作成できた!たった一つの理由

    2016.01.22
    バードウォッチング 大阪城公園 野鳥

    シェアしていただけると飛んで嬉びます

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。