機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズにハマった3つの理由

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

こんにちは!アニメ好きのタカヒロです(@kyohirofuku

先日、大阪のエキスポシティーに行った時にガンダムカフェにあるガンダムバルバトス(2016年3月現在放映している最新のガンダム「鉄血のオルフェンズ」の主人公が乗るガンダム)のオブジェを見ました。

その後、なんとな〜く「鉄血のオルフェンズ」を見てみようかな、、と軽い気持ちで観てみたんです。これがまた面白い!!見事にハマってしまいました。今回は、私が機動戦士ガンダム「鉄血のオルフェンズ」にハマった理由をご紹介したいと思います。

細かなデザインがカッコイイ

タイトルやオープニングテーマに出てくる文字が全て縦書きです。しかも、エヴァンゲリオンのように、ところどころ赤文字が混じってます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

私が子供の頃観ていたガンダムのオープニングテーマは、白文字で横書きだったなあ〜とシミジミ。縦書きにするだけで、めっちゃカッコイイ。。と思ってしまいました。

 

鉄血の名の通り、ちょっとグロい

これは子供が観たらどうなん?というギリギリの線の描写が結構あります。コクピットから血がダラダラでたり、コクピット内でキャラクターが血まみれだったり、、という感じです。初めて見たときは、大丈夫なんかこれ?という印象を受けました。しかしながら、それが逆に新鮮でグイグイのめり込んでしまいました。

鉄血のオルフェンズ 最終話

 

主人公のガンダムがやりたい放題

昔のわかりやすいアニメのような、主人公が正義、相手が悪のような境界線が曖昧です。鉄血のオルフェンズでは、主人公のガンダム(ガンダムバルバトス)もやりたい放題です。

こんなエピソードがありました。
敵三体が、主人公たちの乗る大型列車の進路に立ちはだかり、主人公たちは、いきなりの奇襲に驚きます。しかし、敵は正々堂々と戦いため、主人公たちに準備をするための数十分の時間の猶予と3対3の対決を申し込みます。そうやって敵が待っているところに、主人公がいきなり襲いかかります。そしてあっけなく敵を撃破。

主人公の自由っぷりに思わず笑ってしまいました。

ガンダム 鉄血のオルフェンズ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?最近ガンダムを見ていなかった私。そんな私が見事にハマってしまいました。ちょっとグロくて、やりたい放題なガンダム、鉄血のオルフェンズおすすめです。

今日はこんな感じで!

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2015-12-24)
売り上げランキング: 949

 

もう1記事読んでいかれませんか?