映画『マスカレードナイト』の感想〜仕事に向き合うプロの姿勢から仕事パワーがもらえる作品

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

前作『マスカレードホテル』を2019年1月に観てから約2年半。

木村拓哉,長澤まさみ,マスカレードホテル,サスペンス,映画,映画感想,レビュー,ホテル,ホテルオークラ,チネチッタ,川崎,東野圭吾

映画『マスカレードホテル』の感想〜お客様に直接的にコミュニケーションでサービスを提供している職業の人にオススメする映画

本当に時が過ぎるのは早いなと。

そして公開したことに気づかず、たまたまTJOY横浜のホームページを見て公開したことを知った。

前作が面白かったことと、仮面舞踏会全員が容疑者というサスペンス性満載のストーリーが気になり鑑賞。

『マスカレードナイト』のザックリとしたあらすじ

マンションの一室で女性が殺されたかもしれない。

警察に何者かから通報があった。

通報の部屋に行くと、女性が死亡していた。

その後、通報者はホテルの仮面舞踏会に犯人が現れることを警察に伝える。

警察の新田は、ホテルマンに変装しホテルで犯人を探す。

そしてホテルマンの山岸も彼に力を貸す。

犯人は誰なのか?

通報者は誰なのか?

『マスカレードナイト』の感想

警察とホテルマンのプロ意識に感服

人を疑うことが仕事の警察と

人を信じることが仕事のホテルマン

相反する職業の人々がお互いのプロ意識をぶつけ合いながら真相に近づいていく様子は、前作同様楽しめた。

そして、仕事をやる気が増した。

現実の世界では、映画ほど手厚いサービスをしてくれるかどうかはわからない。

しかし、少なくともマニュアルには無い、臨機応援な対応というのは、仕事をする上で大切なスキルなんだと改めて思った。

ラストまでハラハラドキドキ! サスペンス性抜群

この人が犯人なの?どうなの?

というハラハラドキドキが、映画の最後の方までずっと続く。

テンポよく物語が進んでいくので、最後まであっという間。

ここまで面白いサスペンス映画を観たのは、本当に久しぶりだ。

前作を観た方、そうで無い方にもサスペンス映画として十分に楽しめると思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

『マスカレードナイト』(2021/9/19)★★★★☆@TJOY横浜

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク