映画『魔女の宅急便』の感想〜新生活の前に観ておきたい!新生活に勇気と元気をもらえる名作

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

おそらく2012年頃に初めて観た作品、『魔女の宅急便』。『となりのトトロ』と並ぶくらいの代表作を観るのが、ここまで遅かったたのは、私の両親がジブリ作品をあまり好きではなかったから。(ナウシカの蟲が気持ち悪くてみられなくなったそう)

そこから8年が経ち、コロナウイルスの影響で外に出にくい中、金曜ロードショーで『魔女の宅急便』を鑑賞した。

今回はこの作品の感想を述べようと思う。

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

『魔女の宅急便』のザックリとしたあらすじ

見習い魔法使いのキキが、実家を出て新しい街で新生活を始める。

新しい街で、新しい出会いの中、自らの力を発揮して社会で生き抜いていく物語。

『魔女の宅急便』の感想

久々に観たら、自分の視点が変わってたことに気づいた。

まずは、空飛ぶ宅急便というビジネスモデル(笑)

渋滞に巻き込まれずに、空を飛んで物を届けるというサービスは、そのスピードだけでもかなりの価値があるのではないか?料金設定をかなり高くしても成り立ちそう。(雨が降ったら運べる荷物も少なくなりそうだけど(笑))

空飛ぶ自動車ということが遠い未来でもなくなってきた昨今、さながら魔女の宅急便のようなサービスが登場する日はそう遠くないと思う。

またなんといってもキキを取り巻く人々の人間性が素晴らしい。力強く、美しい女性がたくさん登場する。

ジブリ作品はさまざまな作品で、女性の芯の強さというかそういうものを描いている。この作品も然りだ。パン屋のおかみさん、絵描きの姉さん、配達先のおばあさんなど皆、人を思いやる心のようなものと強い意志を感じた。

スポンサードリンク

タカヒロ的まとめ

いかがだっただろうか?新生活を送る前に観ておきたい、そんな勇気をもらえる作品、是非観てほしい。

『魔女の宅急便』(2020/3/28)★★★★★@金曜ロードショー

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク