映画『スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け』の感想〜もはや自分の中のスターウォーズ人生を締めくくるイベントだった

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

タカヒロ

いやあ、ついに完結しましたね。スターウォーズ!

前作を観た後は、あと3年もまたなあかんのかと絶望的な時間の長さを感じたが意外とあっという間だった。本当に時間が流れるのは、早いと感じる。

また、今週は来月仕事を休む関係で、引き継ぎやらなんやらで忙しく毎日22時まで働いた。ここまで頑張れたのもスターウォーズを観る!という楽しみがあったからだ。

そして日本公開日の12月20日の夜にレイトショーで鑑賞してきた(もちろんオンライン予約はしておいた。109シネマは無料でオンライン予約できるのが嬉しい。)

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

『スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け』のザックリとしたあらすじ

帝国軍(敵)が力をつけ、最終決戦をレジスタンス(味方)に挑んでくる。

この戦いにそなえ、主人公のレイはレイア姫の元でジェダイの修行を続けていた。

一方、宿敵のカイロレンは自分の邪魔をしないようシス本体を壊滅させようとシスの総本部に乗り込む。

二人の運命は、銀河の平和はいかに!?

『スターウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け』の感想

もはや映画というよりは、今までの自分の中の記憶にあるスターウォーズを締めくくる人生のイベントという印象だった。

私がはじめてスターウォーズを観たのは1999年。高校の友達とキャナルシティー博多に観に行った。

そのときにはスターウォーズを観たことはなく、なんか知らんけど面白そうならいってみっか。という軽いノリで鑑賞(エピソード1なので観始めるならちょうど良いかなと。)

そこで、ライトセイバーをぶん回すジェダイのカッコ良さ、アナキンが乗り物(ポッドレーサー)に乗って激しいレースを繰り広げるシーンなど男心をくすぐるないようにドハマリし、スターウォーズファンに仲間入り。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク