映画『ハン・ソロ』の感想〜 嫉妬、裏切り、愛情、信頼、人間の人間らしい側面を目の当たりにする映画

ハンソロ,スターウォーズ,starwars,

こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku本当は、映画『BLEACH』を観に行こうと映画館に足を運んだのですが、原作への思い入れが強い分、ガッカリしそうな気がしたので世界的な正統派『ハン・ソロ』を観賞。

公開が6月頭なのですこし時期が遅くなってしまいましたが、感想を紹介します!

では、早速参りましょう〜

『ハン・ソロ』のザックリとしたあらすじ

スターウォーズでおなじみのハリソンフォード演じるパイロット、ハン・ソロ。彼が自らの船、ミレニアムファルコンという船を手に入れるまでを描く。

『ハン・ソロ』の感想

嫉妬、裏切り、愛情、信頼、人間の人間らしい側面をえぐられるような、そんな印象でした。それだけに単純なアクションでは終わらせない、深い内容となっています。その心理戦が物語に緊張感を与えており、そこをチューバッカやL3-37が適度に和らげるという仕組み。キャラクターの出し方が本当にうまい!そして、どんどんそのキャラを好きになってしまいます。

『ハン・ソロ』の印象に残ったシーン

チューバッカとの出会いやミレニアムファルコンを初めて操縦するシーンにはしびれましたね。ああ、ここがすべての始まりなんだと。

タカヒロ
そもそもスターウォーズ全作というバックストーリーがあるので、「あのハン・ソロも若い頃はこんなに苦労してたんだなあ。。」と感情移入しやすかったです。

エピーソード4からは、当たり前のようにミレニアムファルコンを操縦してましたが、どんなヒーローにも下積み時代があり、苦難を乗り越えてきた。だから今があるんだなあ、、ということを感じながら映画を観ることができました。

タカヒロ
俺も今は勉強だと思って仕事頑張ろう。将来の糧になるはず!

この映画を観て、こういう気持ちを持てたので、本当に良かった。

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?さすがスターウォーズシリーズ、人間の深いところをグイグイとかき乱し、観ている方を作品にひきつけてきます。本当に見所満載の映画でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

『ハン・ソロ』(2018/7/27)★★★★☆@TOHOシネマズ川崎

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメ