花粉症?風邪?お医者さんに見分け方を聞いてみた!

花粉症,風邪,春,春は風邪をひきやすい, 本,健康 健康・美容

こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

先週の月曜日に鼻水がズルズルと出始め、これは花粉症かなー?と思い、会社の近くの薬局に駆け込みました。薬を飲んだら鼻水は収まったので一件落着。

と思いきや、翌日の火曜日には鼻水と喉の痛みが出てきました。鼻水はともかく喉の痛みはヤバイ。と思い、帰宅後すぐに休みました。

そして水曜日。朝起きると鼻水、喉の痛み、体のだるさは消えてませんでした。そのまま会社へはお休みの旨を伝え、病院へ駆け込みました。

タカヒロ
そもそも花粉症なのか、風邪なのか?訳がわからぬまま、ただただ体調が悪くなるのを見過ごすのも気持ち悪いですよね。。
タカヒロ
そこでお医者さんに花粉症と風邪の見分け方を聞いてみました!
【結論】

  • 鼻水が黄色っぽい色であれば風邪(アレルギーの鼻水は透明サラサラ)
  • 喉が痛ければ風邪
  • 熱があれば風邪
  • スポンサードリンク

    風邪と花粉症ってどう見分けるの?

    タカヒロ
    花粉症なのか、風邪なのか訳がわかんないんですけど。。
    お医者さん
    熱や喉の痛みがあれば風邪なのはわかりますよね?
    タカヒロ
    はい。
    お医者さん
    そのほかの見分け方としては、鼻水の色です。鼻水の色が透明サラサラであれば花粉症。黄色であれば風邪です。黄色い鼻水は、免疫機能が働いてウイルスと闘っているサインなんです。注意してくださいね。
    タカヒロ
    なるほど〜。

    風邪のネット情報が信用できないので、本を購入しました!

    私の場合、熱はそこまでなかったものの鼻水に加え、喉の痛みもあったので風邪でした。
    そして風邪をひくたびに、ネットで風邪について調べたり、なぜ風邪をひいたのか?の原因をひたすら考えるということをしていました。

    タカヒロ
    てか、そもそも風邪をひくたびにネットで調べるのって時間の無駄だし、ネット情報そのものが正しいかもわかんないよね。。

    と悩んでいたところ、本屋さんで運命的な本と出会いました。その本がなぜ一流の人は風邪をひかないのか?です。

    今まで風邪をひくたびに調べていた、

  • 「風邪をひく原因」
  • 「風邪の予防策」
  • 「風邪をひいた後の対策の仕方」
  • などが、医学データに基づいてキッチリ書かれていました。特に私が感銘を受けたのは、鼻くそほじりはリスク大という箇所です。

    タカヒロ
    私、一人になると、ついつい鼻くそをほじってしまうんです。。このことが風邪の原因だったなんて。。でもなんで?

    この本によると、鼻くそをほじるということは、手についた雑菌を鼻の中に入れること。その雑菌が体の中に入って、風邪を引き起こすのです。

    今まで何気なく顔を触ったり、鼻くそをほじっていましたが、こんなリスクがあるなんて思いもしませんでした。。

    タカヒロ
    もう鼻くそは、直接的にはほじりません!(ティッシュをうまく活用します。)

    私の鼻くそほじりの話はおいておいて、風邪って身近な病気の割に、なんとなか親から言われたこととか、なんとなく世間で言われてることを対策として行ってると思うんです。

    そのなんとなくをキッチリ解決してくれる、気軽に読める本があればなぁーとずっと思ってました。そんな自分にはぴったりの一冊でした。

    スポンサードリンク

    タカヒロ的まとめ

    いかがでしたでしょうか?本当に春という季節は、寒暖差が激しい季節ですが、読者の皆様もお体にはくれぐれもお気をつけください。そして健やかな春をお過ごしください。


    【結論】
    花粉症と風邪の見分け方

  • 鼻水が黄色っぽい色であれば風邪(アレルギーの鼻水は透明サラサラ)
  • 喉が痛ければ風邪
  • 熱があれば風邪
  • 最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク



    スポンサードリンク