野毛山動物園〜子供の動物園デビューに最適!横浜から近い昔ながらの小さな動物園【神奈川県横浜市】

未分類




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

妻がコロナウイルスのワクチンの副作用で休んでいるため、息子と2人の時間を過ごすことに。

ふと思い立って、横浜の「野毛山動物園」へ行くことにした。

このフットワークの軽さよ。

では、早速いってみよう!

「野毛山動物園」とは?アクセスは?

1951年に開園した動物園で2021年で70周年。

園内はお散歩感覚でひと周りできるくらいの広さ。

キリンやライオンをはじめ、鳥類、爬虫類も見ることができる。

昔ながらの動物園。

動物園へのアクセスは、パンフレットをご覧ください。

野毛山動物園の入園料は無料!(2021年10月時点)

まず驚いたのが、野毛山動物園の入園料が無料だということ。

たとえ市営とはいえ、今どき無料の動物園があるのか!と驚いた。

これは何度も行きたいレベルの動物園だ。

1歳11ヶ月の息子も回れる広さ

息子は1歳11ヶ月だが、歩いて園内を回り切った。

真夏はキツいが、春秋は小さな子供も気持ちよく回れそう。

この広さのおかげで、10時に入園して11時15分にはバスに乗れた。

午前中だけで楽しめる手軽さがイイ。

午後は私も息子も爆睡。

野毛山動物園の動物たち

ライオンは檻の奥に入っていたので、あまり見ることが出来なかった。

キリンは餌を食べているところを間近で見ることができ、息子も大満足。

1番怖がってたのが爬虫類館のヘビ。

ヘビが寄ってくると、息子はうわわーと走って逃げた(笑)

本能的に怖いのかな。

ちなみに、大人気のレッサーパンダは檻の改修中のため観られず。。残念。

その他には、ダチョウ▼

フラミンゴ▼

サル▼

なんぞがおりました。

シロクマは居ないけど、檻がシュール

シロクマは居なかったが、檻の中に入ることができた。

檻の中での記念撮影やシロクマの人形と遊ぶことができる。

昔はここにシロクマがいたみたい。

ネットで調べてみると、飼育するのにもお金がかかるので、今後も買う予定はないそう。
シロクマはズーラシアへ観に行こうとのこと。

路面電車〜昔ながらの動物園のゆかり

昔ながらの動物園ならでは、当時の路面電車の実物が展示されていた。

運転席に息子を座らせるも、お気に召さなかったのかすぐに退席。

横浜の歴史を感じるオブジェだった。

タカヒロ的まとめ

横浜駅からバスで約20分。

野毛山の上にある昔ながらの動物園は、小さな子供の初めての動物園にはもってこいの場所だった。

息子がもう少し大きくなったら、また行ってみたい(無料だし)

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク