映画『屍人荘の殺人』の感想〜浜辺美波好きにはオススメ。モヤモヤが残る映画。

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

ミステリー大賞を受賞した『屍人荘の殺人』

映画化される前から小説は気になっていた。

が、読むことがないまま月日は流れ、2019年に映画化。

映画館に観に行こうと思ったものの足を運ぶまでモチベーションが上がらず断念。

そんな中、アマゾンプライムビデオで観れることを知り、食器を洗う時間にコツコツと1習慣かけて鑑賞。

では、早速いってみよう!

『屍人荘の殺人』のザックリとしたあらすじ

推理オタクの大学生2人組が、ひょんなことから同じ大学の女性に合宿に誘われる。

その合宿とは、夏フェスと『屍人荘』という別荘に泊まるというもの。

当日、そんな3人に思わぬ事態が起こる。

『屍人荘の殺人』の感想

モヤモヤが残る作品

ミステリー大賞を取るくらいの小説なので、どう転んでも楽しいだろうと期待していた。

が、その期待は見事に裏切られた。。

続編を前提にしているからか、予想外の事件が起こりまくり、その肝心の伏線が回収されない。

後半は、

?!?!?

(え?結局どういうことなん?)

ということの繰り返しだった。

仲間由紀恵の『TRICK』みたい

仲間由紀恵の『TRICK』を彷彿とさせるシュールなやりとりが展開される。

その役者は、神木隆之介と浜辺美波。

とにかく浜辺美波は可愛いのでその点だけはヨシ。

そんなシュールなやりとりは楽しめた。

命の危機が迫っているのに、その空気感?というところに違和感があった。

まあ、そういう世界観の映画なのかな。。

タカヒロ的まとめ

小説では楽しめるが、映像化作品としては少し期待はずれだった。

殺人というくらいなので、巧妙なトリックとそれをコナンばりの名推理でスカッと解決。

かと思いきや、最後までモヤモヤが残った。

興行収入は、10億円。

まずまずの結果だったよう。

(主演の豪華さやPerfumeの主題歌、プロモーションの賜物かと)

浜辺美波好きにオススメの映画。

『屍人荘の殺人』(2021/8/29)★☆☆☆☆@Amazon Prime Video

★★★★★ 近年有数の名作 ★★★★☆ 見逃せない ★★★☆☆ 楽しめる ★★☆☆☆ それなりに楽しめる ★☆☆☆☆ オススメしない

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク