シェアサイクルがあるのに、なぜ自転車を購入したのか?ものを所有することについて考えた

メイトバイク




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

先日、電動自転車MATE CITY(メイトシティー)を約28万円で購入した。

購入日の様子はこちら▼

【購入日編】ブローチャーズでメイトバイクを購入!ブローチャーズの店員に根掘り葉掘り聞いてみた

実は私の家の近くには、シェア自転車のステーションが3つほどあり自転車を使うにはそれで事足りる。

現に今の家に住み始めて1年間はシェア自転車を使っていた。

ではなぜ、そんな私が電動自転車を購入することになったのか?

今回はその理由について述べようと思う。

では、早速いってみよう!

シェアサイクルの便利さとは?

シェアサイクルは、本当に便利だ。

これは間違いない。

30分150円ほどで自転車を利用でき、かつ目的地でも駐輪スペースがあれば乗り捨てることができる。

家に自転車を置く必要もない。

省スペース、自転車のメンテナンスも不要、自転車が盗まれる心配をすることもない、心理的にも物理的にも「身軽」

まさに今の時代にあったモノとの向き合い方だ。

シェアサイクルを使える私が電動自転車購入に踏み切った理由

シェアサイクルを使える私が、電動自転車を購入した理由は大きく2つ。

【理由1】電動自転車に乗っている時の乗車体験が違う

はっきり言ってシェアサイクルの自転車は、乗っていて楽しくない。

みんなでシェアしているから、自転車によってはボロボロだし、加速も遅い。

そして重い。

そしてハンドルがベタベタする。

初めは何とも思っていなかったが、週1では必ず使うものなので、その体験価値を上げられないか?

と少しずつ思い始めてきた。

そんな中、Mate x(メイトエックス)を試乗。

そのかっこよさ、乗っている時の楽しさに感動した。

もはやバイク!?デンマークの電動自転車 メイトバイク(Mate bike)を試乗したよ

【理由2】カッコいいものを手元に置いておきたい

車もバイクもそうだが、カッコいいものは見ているだけで精神的な満足感を得られる。

私が購入したMATE CITY(メイトシティー)

めちゃくちゃカッコいいし、これを手元に置いておきたい。

これを見ながら家でコーラ飲みたい

そう思った。(お酒は飲みません。)

タカヒロ的まとめ

モノをシェアすることが美徳とされる時代だが、ものを使う体験も研ぎ澄ませないと、シェアが前提になる時代は少し先なのかなと思う。

そのモノを使うことでどういう良い体験が得られるのか?単なる移動手段だけではない、プラスアルファの価値。

モノを所有するとそれが得られるのであれば、モノを所有すると言うことも、悪くない。

と、毎日自分に言い聞かせている(笑)

(おわり

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク