映画『るろうに剣心 The Beginning』の感想〜アクションは健在。悲しくも切ない最期の剣心

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

映画『るろうに剣心』の最後となる作品、『るろうに剣心 The Beginning』を鑑賞。

『るろうに剣心』シリーズとしては、11年の集大成。

これまで全作品を見てきたので、今回も楽しみにしていた作品だ。

映画『るろうに剣心 The Final』の感想〜 もはや主人公は雪代縁!苦しむ2人の再現度がヤバい

では、早速いってみよう!

『るろうに剣心 The Beginning』の超ザックリとしたあらすじ

剣心の頬にある十字傷にまつわる物語 (原作通り)

『るろうに剣心 The Beginning』の感想

まず、映像が美しいがどこか物悲しい。巴と剣心の気持ちを表すような描写が、スクリーン全体から伝わってくる。

そして、巴と剣心の心理描写が加わり、単なるアクション映画だけではない深みが増している。

(もちろん『るろうに剣心』ならではのアクションは、これまで通り楽しめる。)

原作を読み込んだファンとしては、「志々雄」が最後に出てきてほしかった。。ちょっと残念。

The Finalの時のような、原作には無い宗次郎の登場はいらないから、その分の予算をThe Beginningの志々雄に回してほしかった。。

その他、キャストについての感想

・有村架純は、まさに適役。ここまで忠実に原作を再現したのはさすがといった感じ。

・新撰組の沖田総司がいい味出してる。アリスにも出てきた村上虹郎。

・江口洋介はさすがに年齢の誤魔化しが効かなくなってる。昔の話なんだから、加工するなり何とかして。

タカヒロ的まとめ

「The Final」では、雪代縁(新田真剣佑)の苦しむ姿に心うたれ、「The Beginning」では、雪代巴(有村架純)の運命に切なくも悲しくなった。

そんな二人の物語をアクションも含め楽しめた。オススメ。

11年間ありがとうございました。

#ありがとう剣心

『るろうに剣心 The Beginning』(2021/6/6)★★★☆☆@Tジョイ横浜

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる ★☆☆☆☆
オススメしない

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク