映画『鬼滅の刃 無限列車編』の感想〜 仕事で疲れた体にしみわたる言葉の数々。素直に元気付けられる作品。は

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

1年前から楽しみにしていた劇場版『鬼滅の刃』。

あの頃はこんなに大ヒットするとは思ってもみませんでしたが。

ちょうどブログ記事にも記録が残ってました。

鬼滅の刃,アニメ,

『鬼滅の刃』の感想〜日本ならではの「鬼」との格闘と個性あふれるキャラクターの織りなす人間模様を楽しめる名作

そして1年越しの映画公開。

妻に事前に交渉して、なんとか自由時間を確保。1人で鑑賞してきました。

今回は、この作品を観た感想をシェアしたいと思います。

では、早速いってみよう!

『鬼滅の刃 無限列車編』のザックリとしたあらすじ

無限列車で人間が失踪する事件が発生。

鬼を退治するため、剣士を何人か送り込んだが全員失踪。

主人公たちは、その真意を調べるべく無限列車に乗り込む。

そこには、鬼殺隊の炎柱(炎を使いこなす偉い隊長さん)がいて、一緒に鬼をやっつけようというお話。

『鬼滅の刃 無限列車編』の感想

1年間待った甲斐がある、とても完成度の高い作品でした。

相変わらずの作画の完成度の高さと大画面でみる、登場人物の必殺技の数々はまさに圧巻。

それだけでも、みる価値はある作品。

(個人的には、水柱:富岡さんの「凪」をスクリーンで観たかったが。)

私は1年前から、原作コミックも読んでいない(というかあえて読まなかった)ので、今回の無限列車編のストーリーは全て初めて。

先の展開を知らないからこそ、ドキドキしながら映画を観ることができます。

少し残酷なシーンもあるため、PG12。

12歳以下は作品を観てはダメというわけではなく、

成人保護者の助言や指導が適当とされる区分のこと 引用元:wikipedia

明らかに小学生も作品を鑑賞していたが、保護者として指導しなくてはならないのか。

「刀をぶん回してはいけませんよ」

「柱になんてなろうとしてはいけませんよ」

「人の首を切ってはいけませんよ」

「人の心につけ込んで、他人を利用してはいけませんよ」

という感じかな。

それとともに、この映画は人としての心構えも教えてくれた。

「弱き人を助けることは強く生まれたものの責務です。

責任を持って果たさなければならない使命なのです。

決して忘れることなきように。」

「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと

心を燃やせ 歯を食いしばって前を向け

君が足を止めて蹲っても(つくばっても)時間の流れは止まってくれない

共に寄り添って悲しんではくれない」

「胸を張って生きろ」

「俺は信じる 君たちを信じる」

心に炎が宿るいい言葉をいただきました。

(ここのところ、仕事でしんどいことが増えて、まいってたので言葉で元気をもらえました。)

これは子供が見ても元気出るんじゃないかな。

そして映画の続きが気になってしゃーない(笑)

コミックを大人買いしてしまいそうです。

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

『鬼滅の刃 無限列車編』 来場者特典

来場者特典としては、映画館で短編漫画と塗り絵をもらえます。

(おわり)

『鬼滅の刃 無限列車編』(2020/10/17)★★★★☆@Tジョイ横浜

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク