映画『梨泰院クラス』の感想〜 単なる復讐劇ではなくビジネスや恋愛模様も楽しめる一石三鳥ドラマ

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

世間で話題になっていたのでNetflixで見始めたドラマ『梨泰院クラス』

第一話〜第三話で挫折しそうになったのだが、四話目からが面白すぎて一気見。

今回はこのドラマを観た感想をシェアしたいと思う。

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

『梨泰院クラス』のザックリとしたあらすじ

韓国の外食ナンバーワン企業「長屋」。

その社長と息子に大切な家族を奪われた主人公

彼が失意の中からはい上がって復讐を果たす物語。

韓国版の『半沢直樹』。

『梨泰院クラス』の感想

単なる復讐劇ではなく、三角関係の恋愛模様も描かれており、それが梨泰院というオサレな街で、主人公たちのオサレな服装で繰り広げられていて風景的にも見ていて心地よい。

特に主人公の仕事仲間イソのファッションは、女性視聴者にも大きな影響を及ぼしている。

(髪型真似したりだとか)

個人的には、そんなイソが出てくる第三話あたりまではそんなに面白くないので、ここは我慢のしどころ。

そこからは恋愛模様をからめながら、一大企業に成り上がっていく様子を追体験できるので、ビジネス目線としても面白い。

韓国の人たちって良い意味で、自分の国のこと好きだからスマホはギャラクシー、車は現代自動車に乗ってんのかなと思ったら、梨泰院クラスでスマホはiPhone、金持ちの車はメルセデスだった。あ、日本と同じだと。スポンサーの関係もあるだろうけど実際のところどうなんだろ。

と思ったら、最終話付近でやたらギャラクシーが出てきた(笑)

さすが韓国。

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

『梨泰院クラス』(2020/08/29)★★★★★@Netflix

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク