2020年も無理をせず、余裕を持って健康に走りぬけたい【今月のランニング日誌(2020年1月)】

初心者マラソン・トレーニング




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

このランニング日誌も2019年6月からスタートし、半年が経過。2019年も無事に走ることができた。2020年も無事に走ることができますよう。

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

2020年新春走りはじめ【1月1日】

今日は朝から筑前煮、餅入りお雑煮、玉子を食べ夕方にはストロベリーガーデンのチョコレートケーキを食べた。毎日のごとくすごいカロリーなので身体がもたないと思い、昨年のお礼参りも兼ねてランニングと三社詣り。沈みゆく太陽が1月1日というだけあってとても神聖に感じた。走りながら考えたのだが、今年はもう少し「余裕」を持つようにしたいなと。すぐに答えを求めずに「余裕」をもって焦らず、何事にも取り組みたい。

話は変わるが、今回は久しぶりに10km以上を走った。いつもは5kmあたりで疲労が来るのだが、今回は5kmからランニングハイになっていき、どこまでも走れそうな気さえしてきた。5km超えたあたりが、大きな分かれ目かな。逆にいうと5kmまでは多少きつくても走り続けたほうがよさそうだ。

そして10kmを超えるとガーミンのフォアアスリート235Jの電池残量が58パーセントまで減っていた。今まではフルマラソンを走っても30%くらいは残ってたのに。次、フルマラソンを走るときには新しく買い替えかな。。

(おわり)

9日ぶりの爽快ランニング【1月10日】【育休5日目】

元旦にランニングをしてから、親戚との新年会や家庭の事情でランニングをすることができなかった。8日も走っていないとさすがに身体がなまって悲鳴を上げていたので、家族と交渉しラン。

近所の公園に寄り道をして筋トレをし、いつもの神社と多摩川土手沿いを走る。この多摩川土手の1.3kmがキツイけど一番自分を成長させてくれる。1時間のランニングと家族と約束していたので、なんとか1時間で帰宅。多摩川はまだまだ台風の復旧工事が行われていた。土手の野球グラウンドの復旧にはまだまだ時間がかかりそうだ。

8日も走ってないと体がなまっている分、疲れも少なく常に走り続けることができた。最低でも1週間に1回はランニングしたい。

レッドムーンランニング【1月11日】【育休6日目】

昨日は何とか時間を作りランニングができたが、2日連続でランニングは諦めていた。しかしながら、妻との交渉でランニングできることに。日の入りは16時30分。そこから走ると明らかに日は暮れてしまうが、そこからラン。暗いコースを走るのは久しぶりだったので、色々と気をつけないといけないことを発見。

多摩川沿いは電灯がないので、モバイルライトが必須。相手も自分も見えないので衝突の危険性があるのだ。また、今日は昼飯がラーメン少量だったため、お腹が減って走るのが辛かった。。できれば腹ごしらえをしてから(場合によっては途中コンビニに寄って)走りたい。走るのが辛いと長続きしないし。

また夜のランニングということで、いつもとは違う街の雰囲気を知ることができた。一番の収穫は夕暮れから夜への境目の時間に綺麗な景色と真っ赤な満月を見ることができたことかな。

こういう自然のいつもとは違う風景を見ることができるのが楽しい。自然以外にも、いつもとは違うお店が開いていたり、お店の別の顔を見ることもできる。

肝心の走りとしては、昨日の今日だったのでランニングフォームも胸を張って軽快に走ることができた。やっぱ継続は力なりだね。

今日も稲毛神社に行ったのだが、新年の名残が参拝者が多かった。いつもは自分しかいないんだけどね。。

(おわり)

成人の日ランニング【1月13日】【育休8日目】

昨日は休足日。今日は天気も良くランニング日和なので妻に相談し1時間ラン。いつもとは違う住宅コースを選んだ。今回のランでだいたいのコースが決まったので1時間の場合には今回のコースを使おうっと。また冬の陽気の中、午前中のランはとても気持ちが良い。

そのまま住宅街を抜けていつもの神社へ参拝。今年の厄除けをしにきたひとや初詣に遅ればせながら来ている人がちらほら。

私は今週無事に過ごせたことへの感謝のために参拝。神社詣りをすることで、心に落ち着きを取り戻すことができる。今後もランニングコースに神社は必ずとりいれたいな。

(おわり)

スポンサードリンク

穏やかな昼間ランランニング【1月14日】【育休9日目】

明日は雨なので何とか今日のうちに走っておこうとランニング 。育休中は外に出ることはほとんどできないがランニングだけは何とか続けている。昼食を食べた後のランだったのでインターバルは辞めて、軽めのラン。連続のランニングなので少し足が重い。

平日の昼間というだけあって街中にいるのはお母さんとお子さん、おじいさんが多く、小学生が帰路についている。日常の平日はこんな感じなんだなあ、と思う。そんなことを考えていたら小中学校で早めに家に帰宅していた頃のことを思い出した。あの頃は16時過ぎには家にいたから、そこから『らんま1/2』『シティーハンター』『めぞん一刻』とかを観てたなあ。

また普段の休日のランニング では開いていない店もあり、走るのが楽しい。平日の昼間の雰囲気ってこんな感じなんだね。

(おわり)

メリハリランニング【1月16日】【育休11日目】

昨日は休足日だったので、1日休み明けのラン。息子が3時間おきに起きるので、シャワーやストレッチの時間も含めるとランニングの時間は45分には抑える生活を続けている(時間が過ぎると妻に怒られる(笑))時間に制限ができた分、メリハリを持って走ることができるようになった。

川崎を走り始めて1年半になるけど、ディープな一面が街のいたるところに残っていて、それを発見するのも面白い。今日は1泊2000円くらいの民宿が10件ほど連なっているエリアに遭遇した。川崎の工場で働く方々が利用してた、してるのかと。さすが工場の街、川崎である。

(おわり)

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク