映画『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想〜5部作品中の2作目のため消化不良感ありは否めない

ファンタスティックビース,ジョニーデップ,ハリーポッター,ファンタビ,エディレッドメイン,ハリポタ,ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕,映画 ,movie 映画・ドラマ・漫画感想

こんにちは!映画大好きタカヒロです(@kyohirofuku

前作がなかなか面白く次回作に期待できそうだ!とおもい前売り券を購入していた映画『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』

ちょうど公開日が祝日だったので、公開日の朝一番に鑑賞してきました。

2作目の出来栄えはいかに!?

では、早速参りましょう〜

スポンサードリンク

『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』のザックリとしたあらすじ

1作目のラスボスであるジョニーデップ演じるグリンデルバルトが刑務所の移送中に逃走。

タカヒロ
毎回思うんですけど、囚人が脱獄するのってほとんどこのパターンですよね。。移送なんてしなきゃいーのに。

そしてグリンデルバルトは、宿敵ダンブルドア(ハリーポッターシリーズに出てくる、白髪で強いご老人。)を倒すため、仲間を集めるためにパリへ。

今作のキーマンは、クリーデンス・ベアボーン。自分自身が何者かがわからない彼は自分自信を知るために奔走し、今作でその正体が明らかになる。

『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』の感想

爽快な魔法アクションと魔法動物の可愛さは前作と同様に楽しめました。この点だけでも観て損はないと思います。

また前作同様、登場人物の苦悩と葛藤、闇の部分がそれぞれの人生を分かつあたりは、観ていてドキドキするところがありました。

原作者のJKローリングは、この辺りの暗い闇と光の葛藤を描き、人間の闇と光をうまく退避させながら描いています。

描きかたを一歩間違えると暗ーいジメジメした感じの映画になるのですが、魔法動物と主人公の少し天然な性格がその部分を中和しており、全体としてはバランスの良い印象。

また今作では、若き日のダンブルドアが登場しハリーポッターとの関連性もより強く出ており、ハリーポッターシリーズを好きな人からするとかなり楽しめる内容になっています。

タカヒロ
私はハリーポッターシリーズには、そこまで詳しくないので武者震いするほどではありませんでしたが。。

ラストシーンはCGが多様されていてみんなで力を合わせて事を収めるみたいな、少年漫画のようなラストになってしまったのが残念でした。

個人的には、スターウォーズのような一対一の魔法ガチバトルを観たいんですけどね〜。

また悪者をやっつけて終わり、という水戸黄門的な感じでもなかったので少し消化不良感がありました。

スポンサードリンク

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?いろいろ書きましたが、今後の展開が楽しくなるのは間違いないです!! 次回作も楽しみです。

ファンタスティックビーストシリーズは、5部作なので今後の展開が楽しみです!

  • 2016年 11月第1作
    ファンタスティックビーストと魔法使いの旅
  • 2018年 11月第2作
    ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生
  • 2020年 11月第3作(予想)
  • 2022年 11月第4作(予想)
  • 2024年 11月第5作(予想)


『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018/11/23)
★★★☆☆@チネチッタ

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメしない

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク