海外旅行初心者必見!アメリカのチップの相場やお会計、お店のマナーをまとめてご紹介

こんにちは!海外旅行初心者のタカヒロです(@kyohirofuku

今回は、アメリカへの海外旅行にやっと慣れてきた私が、アメリカでのチップの相場やお会計、お店のマナーについてご紹介したいと思います。

海外旅行に不安があるかたの参考になれば幸いです。では、早速参りましょう〜

アメリカのチップの相場は?

アメリカでまず悩むのはチップですよね。ホテルのベットメイキング、駐車場で車を入り口まで持ってくる人などチップをあげるシーンはたくさんあります。

ここでは一番遭遇する確率の高いレストランでのチップの金額についてご紹介いたします。

アメリカのレストランでのチップは18パーセントが普通。サービスがよかったら20パーセントです。

また18パーセント、20パーセントにして細かい金額になったら、ある程度の端数は切り上げして金額を決める場合がほとんどです。

スポンサーリンク

アメリカの店員さんが来ないからって「すいませーん」と呼ぶのはダメよダメダメ

アメリカのレストランでは席に専属のスタッフがつく。くれぐれも日本のように「すいませーん」なんて呼ばないようにしてください。

黙ってても専属のスタッフがきます。お会計の時も同じ。「すいませーん、お会計ー」を言ったり、レジにいってお会計する必要もありません。

食べ終わったら席で待ちます。すると専属のスタッフがきます。これらの対応は、全てチップ料金へ反映されるから店員も必死なんです。

日本はぎゃくにチップがないから、逆に適当な接客が多い場合があり「すいませーん」と言わなければならないのですが、アメリカではそうではありません。

アメリカ,チップ,相場

アメリカのレストランでのお会計のやりかた【クレジットカードの場合】

  1. 食事を食べ終わる。
  2. スタッフがお会計の紙をもってくる。
  3. クレジットカードを紙にはさんで、机の上に置く。
  4. スタッフが回収しにくる。
  5. スタッフが奥でクレジットカードを使えるか確認する。
  6. スタッフが机にクレジットカードとお会計の紙を再びもってくる。
  7. 席でチップの金額、合計金額を書く。(計算にはスマホの電卓を使っちゃいましょう)クレジットカードは先ほどチェック済みなので自分の財布に入れておく。
  8. 紙を机の上に置き、席をたって店を出る。

二回目はクレジットカード出さなくていいの?と思いがちですが、出さなくても大丈夫のようです。

アメリカ,チップ,相場

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?私がなんども失敗した経験から、この記事の内容を書いています。海外旅行に行く皆さまの不安を少しでも解消するお役に立てたのであれば、これほど嬉しいことはありません。

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!