ランニング論〜今の私のランニングとの向き合い方(スタンス)

初心者マラソン・トレーニング




こんにちは!ランナーのタカヒロです(@kyohirofuku

在宅勤務の昼休みを利用して、臨港パークまで昼ラン。

走りながら最近の私のランニングのスタンス(向き合い方)について、頭の中で整理完了。

さっそくブログ記事にしてみた。

では、早速いってみよう!

ランニングスタンス1「無理をしない」

1つ目ランニングスタンスは、「無理をしないこと」

メンタリストdaigoが、45分以上のランニングはかえって体に悪い(老化する)と言っていた。

たしかにランニングすると、Oura Ring(オーラリング)の睡眠スコアが下がる。

Oura Ring(オーラリング)のサイズってどうやって選ぶの?注文の仕方から選び方までを詳しく紹介

身体の免疫力が下がっているのだ。

そして風邪をひく。

これまで風邪をひいたときのことを思い出すと、ランニングをした翌日に風邪を引いていた(しかも、かなりの確率で)

そこからは、無理をして走るのを辞めた。

熱中症になる暑さの時に走ることを辞めた。

睡眠時間を削って走ることを辞めた。

身体の状態を最優先して、走れる時に走ることにした。

ランニングスタンス2 「過度な期待をしない」

ランニングに過度な期待をかけるのも辞めた。

ランニングは、心地よくなるが一瞬だけ。

全ての不安から解放されるわけではない。

「ランニングしてるのに、不安が消えねー!」

2015年、大阪の長居公園で1人泣きながら走っていたことを思い出す。

そう、ランニングしたからといって不安は消えないのだ。

そもそも人間から不安は消えない。

不安との向き合い方を変えるしかない。

ランニングで気持ち良くなるのは確かだが、ほんの一瞬であることを心に留めておくと、楽に走れる。

ランニングの効用について

ただ、心地よくなる以外にもランニングの効用はある。

それは勉強や読書がはかどること。

最近はブログ熱が冷めていたので、なぜかなと思っていたが、体を動かしてないからだと気づいた。

世の中の全てはバランス。

静と動

朝と夜

昼間の砂漠と夜の砂漠

昼間の山と夜の山

絶対はなくて、この2つのバランスで保たれている。

走ることで頭を使いたいと身体がバランスを取るようになり、勉強がはかどるのだ(私の場合はブログだが。)

タカヒロ的まとめ

以上、私のランニングへのスタンスをご紹介した。

これはあくまで、子育て中の私のランニングスタイル。

人生のいろんな局面において、またスタンスが変わるかも。

そんないろんな楽しみ方ができるのもランニングの魅力かな。

(おわり)

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク