映画『ファブル』の感想〜スカッとしたい時に観たい殺し屋が日常生活に溶け込めるのか?痛快アクションコメディー

映画・ドラマ・漫画感想




映画第二弾が決定したらしく、第一弾も作家のはあちゅうがVoicyで絶賛していたので、気になって視聴。

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

『ファブル』のザックリとしたあらすじ

伝説の殺し屋ファブルは、ボスに命じられ1年間は世間に溶け込み、誰も殺さないことを条件として突きつけられる。

世間でまともに生活をしたことのないファブル。悪戦苦闘するなか、清水岬という女性が現れ、ファブルのことを気遣ってくれる。

そんな中、ファブルをかくまってくれているヤクザの会社で内乱が勃発、清水岬も巻き込まれてしまう。

『ファブル』の感想

原作が漫画ということもあり内容はgood。
笑いながら、岡田准一のアクションを存分に楽しむことができる。

コロナ禍の閉塞感の中、この映画を観ることで笑いつつ、アクションをみてスカッとできる映画だ。

ただ、主人公の生い立ちや殺しへのモチベーションなど、その動機の設定が浅く、深く共感できないところがあった。

自分の親父が殺し屋に殺されて、その復讐のために、殺し屋になったとか、強い動機が欲しいかなと。

#逆にそこがないから、気楽に観ることができたともいえる

第二作目に期待。

『ファブル』(2021/2/27)★★☆☆☆@アマゾンプライムビデオ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク