プロッター(PLOTTER)のボールペンを購入!真鍮性の絶妙な書き味がアイデアを刺激する

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳, 商品レビュー




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

プロッター(PLOTTER)という名前のシステム手帳に一目惚れして購入したのが2018年。そこから約3年ほどプロッター(PLOTTER)のシステム手帳を使っている。

会社の予定を書き込むことで、頭の中に予定を刻み込むことはデジタルではできないこと。おかげさまで何度も忘れていた予定に気づくことができる。

男心をくすぐるデザインと使いやすさ、それがプロッター(PLOTTER)のシステム手帳の醍醐味だ。

プロッター(PLOTTER)のシステム手帳のレビューはこちら

そんなプロッター(PLOTTER)のホームページを見てみると、なんとボールペンやシャープペンも掲載されていた。

これは欲しい!と思い、お値段を見てみると約5000円。なかなかのお値段だな。。と思いながらも、プロッター(PLOTTER)ファンとしてはいてもたってもいられなくなり、ボールペンをオンラインで購入した。

今回はこのプロッター(PLOTTER)のボールペンの使い心地を紹介しようと思う。

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

プロッター(PLOTTER)のボールペンを開封、使い勝手は?

箱はプロッター(PLOTTER)おなじみの、黒い高級感のある箱。

プロッター(PLOTTER)は、恵比寿にあるデザイン会社デザインフィルが立ち上げたブランド。

創造力で未来を切り拓く人のためにがブランドコンセプト。

それを象徴するコンパスのロゴマーク。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

箱の中身は、ペンと取り扱い説明書。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

こちらがペン本体。ずっしりと重い真鍮性。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

使えば使うほど味が出てくる。

プロッター(PLOTTER)の文字が刻印されている。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

もちろん、プロッター(PLOTTER)の手帳のペン入れにジャストフィット。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

この統一感がgood。色合いも黒とゴールドでいい感じ。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

ペンの太さは0.5mm。

正直に言って、プロッター(PLOTTER)のシステム手帳に小さな文字を書くには太いし、インクが強いと思う。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

ただ、ペンそのものとしてはめちゃくちゃ描きやすいのは間違いない。

プロッター,PLOTTER,ボールペン,手帳,

私は、プロッター(PLOTTER)のシステム手帳には別の細めのペンを使い、アイデアを考えたり、メモを取ったりするときにはロールバーンのノートにプロッター(PLOTTER)のペンを使っている。

アイデアを大きく膨らませるときには、これくらいの文字の太さとインクの出方があると、創造力が刺激されるのだ。

タカヒロ

正直に言って、買った後はインクが太すぎたのでアチャー!失敗したかな?と思ったけど、使えば使うほどその書き味に惚れ込んでいく、そんなボールペンでした。

タカヒロ的まとめ

いかがだっただろうか?男心をくすぐるプロッター(PLOTTER)のペン。

気になる方は是非とも手に取ってみて欲しい。

注意

プロッター(PLOTTER)のペンは、リアル店舗ではプロッター(PLOTTER)のシステム手帳と一緒に売っていることはまず無い。

オンラインストアかAmazonで購入することをオススメする。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク