私がエバーノートの有料プランを解約した3つの理由(6年間ありがとう!)

商品レビュー




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

コロナ感染拡大の影響で家にこもっている方も多いのではないだろうか?

もちろん私もランニングを除き、ほぼほぼ家にいた。

となると何をするか?

そう整理整頓だ。

ここ3日くらいは、ひたすら家の中にある本をメルカリにだしたり、ブックオフの宅配買取を活用したりして物を減らしている。

また物だけではなく、加入しているサービスにもメスを入れた。

特に長年加入していて、入っているのが当たり前(自動更新支払い)になっているツールの見直しだ。

今回私が見直したのは「エバーノート」。

エバーノート,evernote

私が活用していた2015年当時は、飛ぶ鳥を落とす勢いでサービスを展開、物販にまで事業を広げていた。

私もその当時はエバーノートファンだったので、電子ペンを購入。

そこから4年が経過。色々と思うことがあり、有料プランを解約することにした。

今回は解約の理由を述べようと思う。

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

エバーノートアプリの動作が重すぎる

とにかくエバーノートの動作が遅いのだ。エバーノート上でメモしたりブログを書いたりすると、まあアプリの速度が、私のタイピングスピードに追いつかない。(私のタイピングが鬼速いということはないので悪しからず。)

これまでは少しの動作のもたつきは、意識しないようにしてきた。(つーか諦めていた)

そして、ここ4年くらいはエバーノート上での文章編集は諦め、通常のメモ帳で文章を編集していたのだ。

エバーノート,evernote

また文章の編集だけでなく、写真のアップにもやたら時間がかかる。

データ移行ツールとしての役割も果たせなくなっていた。

(パソコン間のデータ移行は、今はslackを使っている。ユーザー体験もgood。とても使いやすい。)

エバーノートの検索エンジンが使いにくい

動作が遅くても登録したデータが問題なく検索できれば、まだ使い道があった。

しかしながら、検索エンジンの使用体験もイマイチ。

パソコンで検索した時と、スマホで検索した時とで検索結果が違うのだ。

パソコンで思うような検索結果が表示されないので、わざわざスマホで検索しなおすこともしばしば。

検索しにくい、文字入力もしにくい。

エバーノートを使う頻度はどんどん減っていった。

エバーノート,evernote

スポンサードリンク

エバーノートからやたらプレミアムプランのオススメが来たので、解約を決意

そんな状況の中、やたら月額600円のプレミアムプランへの移行を進めてくる。

そこで、改めて自分のエバーノートの利用状況を分析し解約を決意した。

タカヒロ的まとめ

いかがだっただろうか?

前半のアプリ速度が遅い件に関しては、私のMacBookのスペックが低いことも原因かもしれないし、エバーノートが一概に全て悪いわけではない。

人によってはエバーノートがなくては!という方もいると思う。

サービス自体は、とても画期的でエバーノートが無くては生活できないことも確かだ。

しかしながら、有料プランにするべきか?については再考してみても良いかもしれない。

6年間、本当にありがとうございました。

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク