映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の感想〜 前作超えならず。犯人のバックストーリーが欲しかった

映画・ドラマ・漫画感想




『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』のザックリとしたあらすじ

前作の犯人、浦野が逮捕された後、殺人現場で新たな死体が発見された。

犯人は浦野なのか?

サイバー犯罪を追う加賀谷は、浦野に助けを求めるが。。

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の感想

前作がなかなか面白かったので、今作も期待して鑑賞。

スマホを落としただけなのに、、何故こんなめに合うの?というキャッチーな内容なのが前作。

今作は、あくまでその続きの物語という感じだった。

スマホを落としたことで災難に遭うというよりかは、あらかじめ設定された犯人を探していくというイメージ。

よって犯人の背景の深掘りとまではいかない分、主人公 加賀谷の過去が明らかになっていく方に重きが置かれていた。

白石麻衣さんの演技は少し違和感のあるところはあった。

今後の活躍に期待といったところ。応援してます。

#といっても彼女あっての話題作だと思う

ただ、前作同様、物語としてはとても楽しめる。途中、飽きることなく物語に没頭することができた。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼のロケ地「臨港パーク」「みなとみらい」

ロケ地は、臨港パーク、みなとみらいといった横浜の有名スポットだ。

臨港パークは、私のランニングコースなのですぐにわかった。

最後のシーンも、横浜美術館の裏手の通りだ。

自分の住んでいる街がでてくると、なんか嬉しい。

タカヒロ的まとめ

前作を楽しんだ方には、ぜひおすすめしたい作品だ。

前作を見ていない方は、前作を観ることをお勧めする。

#前作の方がおもしろい

(おわり)

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2021/5/30)★★★☆☆@Amazon prime ビデオ

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク