映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の感想〜 コロナ禍だからこそ楽しめる!心を無にして騙されると3倍楽しめる映画

映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

実家に帰省中、珍しく母から「映画でも観に行きますか!」との発案が。

映画は、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を指名。

この映画、弟も楽しめたと言っていたので観に行くことに。

さらにいうと、今回の映画はコロナ禍ではじめての映画鑑賞。

映画館のオペレーションがどのように変わったのか、も含めてご紹介したいと思う。

今回は、イオンモール筑紫野のイオンシネマで鑑賞

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のザックリとしたあらすじ

フー家という大富豪の当主が亡くなり、遺産相続問題が勃発。

3人の子供の誰に遺産を相続させるのか?と注目が集まったが、

遺産相続の氏名があったのは、なんと4人目の子供だった。

そこに目をつけた主人公たちが、4人目の子供を仕立て上げ、お金をせしめようとする物語。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の感想

テレビドラマを観すぎたせいか、全てを疑って観てしまい楽しさ半減

コンフィデンスマンJPといえば、騙し騙され、視聴者までをも巻き込んだ騙し合いが繰り広げられるのが醍醐味。

テレビドラマを観ている時は、完全に騙されてしまい、最後のどんでん返しで「そうきたか〜この脚本を考えた人すごい。。」と感動し切っていたものだ。

しかしながら、テレビドラマをみすぎたせいか、物語が進むたびに、多分これもこれもこれも全て、ダー子(主人公)が仕組んだことで、そうなると次はこうなるな、これは演技だな、といらぬ妄想と思考回路が働いてしまった。

そのため、常に頭はフル回転、今までのような爽快感はさほど感じられなかった。

(両親は、ドラマをそこまで観ていなかったのでかなり楽しんだ様子。それに関しては、よかった。)

この作品は、長く続けるというよりかは、1シーズンでピシャっと終わらせるくらいがちょうどいいのでは?と思った。(興行としては、そういうわけにはいかないんだろうけど。)

コンフィデンスマンJPは、何も考えずに観るのが最も楽しめる映画だ。

コロナ禍での映画鑑賞をはじめて体験

コロナ禍での映画鑑賞だが、

入り口での検温の実施

1人空きのシート

アルコール消毒

映画館内部の換気の徹底

映画 館スタッフの体調管理

が徹底的になされていた。

今までの映画館とは、全く違う雰囲気に「時代が変わった」と感じた。

特に1人空きのシートには注意したい。

席数も減っており、友人と近くに座ることが難しい。

また直前に席を購入しても、販売席数が少ないので、端の変な席になってしまう確率も上がる。

席数も少ない今は、オンラインでの席予約をおすすめする。

スポンサードリンク

タカヒロ的まとめ

いかがだっただろうか?

コロナ禍の中、気持ちの滅入る毎日だが、映画鑑賞で少しでも晴れやかな気分になってほしい。

そういった意味では『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は十分に楽しめる作品だと思う。

また映画館では、感染症予防対策もしっかり行われている。

コロナ禍で疲れた心を安心してリフレッシュできると思うので、ぜひ楽しんできてほしい。

【おまけ】

イオンモール筑紫野のイオンシネマの半券を、nanasgreenteaで渡すと100円引きになるよ(ドリンク除く)

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(2020/8/11)★★☆☆☆@イオンモール筑紫野

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク