【福岡市平尾】「ぐぐカレー」スパイスが効いたカレーで汗ダラダラ!店員の接客もとても良い店。リピート確定

ぐぐカレー,福岡,平尾,fukuoka,福岡市,curry,福岡県, 福岡




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

夏休みに両親がおいしいと言うカレー屋さん「ぐぐカレー」に行ってきた。お店の前には以前行ったことがあったのだが、お店に入るのは今回が初めてだ。

スパイスを使った本格的なカレーと言うことで、どんな味がするのだろうととても楽しみであった。

今回はこのカレー屋さんについて紹介していこうと思う。

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

「ぐぐカレー」の情報

住所:〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾2丁目2-17-21
電話:070-6595-1477
定休日:無休

福岡県福岡市中央区平尾2丁目2-17-21

「ぐぐカレー」の混み具合

お店に行ったのは11時。しかしながら開店は11時半だ。約30分かお店の外で待った。

しかも炎天下の中だ。お店は予定通り11時半に開店した。

開店時間に、余裕を持って間に合うように行くのがよい。

というのも11時の時点で既に3組のお客様が並んでいたからだ。

3組で9人。お店には10人ほどしか入らないため既に満員だ。

それ以降のお客様をお店の外で待つ必要がある。

開店時間11時半より少し時間に余裕を持っていく必要がある。

もちろん駐車場がないので近くのコインパーキングに停めてからお店を訪問しよう。

スポンサードリンク

「ぐぐカレー」の店内

お店に入るとお店の狭さに驚いた。カウンターと狭いキッチンそしてキッチンの中には3人が働いていた。

メニューはこちらになっているぜひ参考にしてほしい。

お店のカウンターにはスパイスが透明の便に詰められ並べられていた。

その他にもお客様が書いた4コマ漫画の冊子が置かれていた。

カレー待っている間その4コマ漫画を描くのもよし、見て楽しむのも良いのではないだろうか。

今回頼んだのはチキンカレーだ。辛さは中辛にした。それ以上の辛さは有料になるらしい。正直言って中辛でもあまり辛くは無い。

注文するときの注意点

注文するときには並んだ順で注文を受け付ける。注文が決まった順ではないことに注意しよう。定員さんにお伺いしますのでと言われてしまうぞ。

「ぐぐカレー」の味

事前にネットで調べていた情報と同じであった。ココイチ番屋のカレーの方が辛い印象だ。

カレーが出てくるまでに10分ほど待っただろうか。

やっとぐぐカレー(チキンカレー)が出てきた。

辛さはそんなに辛くないのであるが、食べれば食べるほど汗がどんどん出てくる。これはスパイスの力か。

体の中の毒素がどんどん出て行っている感じだ。

それほどまでに健康に良いとは、自分でスパイスを調合してみたい気持ちになった。

しかしスパイスは賞味期限等があり、ちょっと面倒なのでやめておく。

ちなみにアマゾンでスパイス、初心者で検索してみたところ2700円の本がヒットした。Kindleの本であれば購入していたところだが、それなりのボリュームになりそうだったのでやめておいた。

またカレーだけではなくご飯にもこだわりがあった。お米マイスターから仕入れたお米を使っており、また米にはスパイスが混ぜてあるそうだ。

米にかかっている黒い粒はマスタードだそうだ。スパイスによりお米の香りがよく、食欲が進む。

セットのサラダも特製のドレッシングがかかっており、少しスパイスの効いたサラダは、とてつもなくおいしかった。

ぐぐカレー,福岡,平尾,fukuoka,福岡市,curry,福岡県,

極め付けがデザートのプリン。店員さんがカップに入ったプリンを目の前で出してくれる。このような実演がとても見ていて面白い。そしてプリンも手作り感満載のとてもおいしそうなプリンだ。味もとてもおいしいプリンで辛さが中和された。

ぐぐカレー,福岡,平尾,fukuoka,福岡市,curry,福岡県,

スポンサードリンク

「ぐぐカレー」の接客が素晴らしい

開店前に30分ほど並んだ。それを見越してか特別にカレーを食べた後にチャイをサービスしていただいた。

インドの温かい体はシナモンが入っていてとてもおいしかった。

そういえば最近こういったおもてなしができるお店が減っている気がする。

人気のあるお店で天狗になっていたり、そもそもの接客態度がそこまで良くないお店が多い気がする。

それなりのお金を払えばそういった接客を受けることが可能だが、昔はもっとたくさんの店でこういった気遣いができていた気がするのだが。

空気が読めない若者が多いと言うが、若者がバイトしているからであろうか。。もしくは外国人労働者がアルバイトをしているからであろうか。統計的に調べたわけではないので何とも言えないが。。

ホテルなどどんどん自動化が進んでいき人と人との触れ合いが少なくなっていくと言うのは効率化の観点では良いかもしれないが、そういった人と人との触れ合いが、1つの価値であるということを考えると少し残念な気もする。

中国では同様に自動化が進んではいるが、人が何もしないと言うわけではなく人にしかできないことに注力して仕事をしているらしい。それは人と人との関わりだとかそういったことである。

単純に自動化をして人間が何もしないと言うことでは決してない。そこ履き違えてはいけない。

タカヒロ的まとめ

いかがだっただろうか?ぐぐカレーは、ここ最近でまれに見る接客の良さであった。スパイスが効いたカレーもとても美味しく体から汗が吹き出てきてとても体にも良いということが身に染みてわかった。

今もたくさんの人がこのぐぐカレーを訪れることを期待している。

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク