映画『ボヘミアンラプソディー』の感想〜あらゆる困難を乗り越えた男の生き様と音楽に涙!

ボヘミアンラプソディー,映画,クイーン,movie,フレディー,チネチッタ, 映画・ドラマ・漫画感想




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

ちまたで大ヒットを飛ばしている映画『ボヘミアンラプソディー』。

マーケティングをしている私としては、どんな要素が人間の心を掴んだのか?

それを知るべく映画館に足を運んできました!今回は、映画『ボヘミアンラプソディー』の感想をシェアしたいと思います。

では、早速参りましょう〜

スポンサードリンク

『ボヘミアンラプソディー』のザックリとしたあらすじ

言わずと知れた世界を代表する伝説のロックバンド『クイーン』の誕生から、ライブエイド(チャリティーライブ)までの軌跡を描いた映画。

『ボヘミアンラプソディー』の感想

フレディー・マーキュリーが人種差別、エイズ、恋人との別れなど様々な苦難に陥りながらも、常に前を向き、曲作りに命を削っていく生き様に心打たれた。

世間では賛否両論ある映画だが、その理由もなんとなくわかる。どちらかというと、フレディー・マーキュリー自身をより深く掘り下げた内容というよりかは、その時間をクイーンの音楽を作り、制作するほうに多く時間を割いていたからだ。

涙を誘おうとすれば、もっとフレディー・マーキュリーのことを深く突っ込み、そういうシーンを増やすこともできたはずだ。ただそれをしなかった。なぜか?

それはフレディー・マーキュリー自身が映画の中で言っていたように「同情からくる感情で俺に優しくするなんて、やめてくれ。そんなことで俺を退屈にさせないでくれ。」というセリフにも現れている。

彼を悲劇のバンドのボーカルとすることは、彼自身が望んだことではないからだ。

そこまでを含めた彼の生き様が、かっこよく、見る人に勇気を与えたことが、この映画が支持された理由ではないだろうか。

スポンサードリンク

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?この映画を観るまでは、タンクトップの変なおっさんが、良くCMで流れてる歌を歌ってる、という印象しかなかった。

しかしながら、この映画の中で、彼の生の物語に触れ、本当の意味での『クイーン』を知ることができたと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

『ボヘミアンラプソディー』(2018/12/21)★★★★★@チネチッタ

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメしない

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク