「都万十 横内店」〜30年以上愛される、地元のお母さん的お店。絶品の回転焼きをどうぞ【福岡市城南区】

福岡




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

私が通っていた小学校の近くに、「都万十 横内店」という回転焼き屋さんがある。(関東では今川焼き)

私が小学生の頃から営業しているので、もう30年は立っている。

実家に帰省し、カットサロンともきで散髪をした後には必ず行って回転焼きを買う。

そんな昔ながらの大好きなお店ではあるものの、ネット上に全く情報がないので、筆を取った。

今回は、「都万十 横内店」の紹介をしようと思う。

では、早速いってみよう!

スポンサードリンク

「都万十 横内店」の情報

TEL:なし

営業時間:不定休

住所:福岡県福岡市城南区樋井川6-13-32

福岡県福岡市城南区樋井川6-13-32

「都万十 横内店」へのアクセス

福岡市立堤小学校近くの「酒庫なりよし」の前にある。

道路に面しているし、看板も大きいのでわかりやすいと思う。

緑の看板が目印だ。

スポンサードリンク

「都万十 横内店」の感想

おばちゃんが1人で経営している。

回転焼き・たこ焼きを販売。

回転焼き 110円(あずき、白あん)

クリーム万十 130円

たこ焼き(10個入り)440円

※ 支払いは現金、持ち帰りのみ

このたこ焼き、回転焼きを昔、親が買ってきてくれてよく兄弟で食べたっけ。

店内には、ラジオが流れていて、焼かれたたこ焼きと回転焼きが置いてある。

30年前から時が止まったような空間だ。

壁には、近所の堤小学校の生徒からの手紙が貼ってある。

社会科見学に来たときのものだろう。

紙は色あせており、これを書いた小学生もすでに大人になってるんだろうなと想像してしまう。

福岡では減っている回転焼き、焼き鳥屋

30年前くらい前では、スーパーの隣には回転焼きや焼き鳥屋さん(出店)があり、スーパー帰りに親がよく回転焼きやたこ焼きを買ってきてくれた。

今やスーパー自体の競争が激しくなる中、スーパーの駐車場には、出店も少なくなった。

熱々の回転焼きを買うことすら、今は難しくなっているのではないか(専門店除く)

そんな社会状況の中で、30年以上も同じ場所にあり続け、待っていてくれる、実家のような存在「都万十 横内店」。

おばちゃんには長生きしてほしいし、「都万十 横内店」も続いてほしい、と切に思う。

たこ焼きと回転焼きの味は?

たこ焼きはこのラップされた状態が、まさに昔ながら。

懐かしいたたづまい。

マヨネーズとお好み焼きソース、たこ焼きが絶妙なバランスで味覚を刺激する。

「うまい!」というか「懐かしい!」がぴったりの味。

回転焼きは、クリームが子供の頃から好きだったが、少し小ぶりになっていた(笑)

腹一杯食べたいのであれば、黒あん、白あんをお勧めする。

もちろん、味はどの回転焼きも美味しいっす。

タカヒロ的まとめ

いかがだっただろうか?

変わりゆく時代の中、待っていてくれるお店は多くはない。

そんな中、味を守り続ける「都万十 横内店」

これからも、地元のお母さん的存在として、待っていてほしい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今日はこんな感じで!

(おわり)

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク