SNSエキスパート検定初級に合格!受けてみた感想をシェアするよ

SNS,SNSエキスパート検定,ソーシャルメディア,SNSエキスパート検定初級 人生




こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku

2020年2月にSNSエキスパート検定初級を受験し、無事に合格した。

今回、私がsnsエキスパート検定初級を受験した理由は会社で広報部に所属しており、会社のオウンドメディアとしての公式SNSでの発信に活かせないか?と考えたからだ。

これまで体系的にSNSについて学んだことがなかったため、これを機に試験を受けるとともに、学んでみることにした。

そしてSNSに関する検定を調べたところ、一般財団法人SNSエキスパート検定以外にめぼしい資格がなかった。(2020年2月現在)

また会社の同僚からも、とある大きな会社の人がSNSエキスパート上級を名刺に入れているという話を聞き、名刺にも入れられるくらいの資格であればとっておいて損はないなと。

そこでまずはSNSエキスパート検定初級を受験することにした。

スポンサードリンク

SNSエキスパート検定の申し込み方と当日の流れ

申し込み(予約)はwebサイトから簡単に行うことができる。

あとは当日に試験会場に行くだけでOK(受験料5,000円(2020年2月時点)を忘れずに。)

会場は私の場合は貸会議室だった。

案内された建物へ行くとSNSエキスパート検定初級の張り紙があるので、入室する。

受付で受験料を支払い、領収書をもらう。
(領収書は「必要かどうか」と「宛名」をwebでの申し込み時に選択・記載できる。)

案内された席へ行くとテキストが机においてある。

そのまま講義を受けてテストに臨む形式だ。

SNSエキスパート検定初級の難易度は?試験問題は?

テストについては、講義をきちんと聞いていれば回答できる問題だった。よってまずは講義を真面目に聞くことをオススメする。

講義の感想としては、改めてSNSについて体系的に学んでみるとまだまだ知らないことがたくさんあるなという印象。

webに詳しい部署にいるので、一般の人よりかは知識はあるつもりであったが、まだまだだった。

そういう意味でも、これからSNSの担当になる会社員や今、SNS担当である会社員の方にも是非とも受けてほしい資格だと思った。

タカヒロ
そんなことより、SNSエキスパート検定でどんな問題が出題されたのか教えてよ

という声が聞こえてきそうだが、試験問題をweb上で教えることは控えるよう試験の冊子にも記載があったので試験問題のシェアはできない。。

ただ、何度も言うが講義をしっかり聞くということが大事だなあということは言えるので、是非とも集中して講義を聞いてほしい。

SNSエキスパート検定概要

講義:120分(休憩込み)2020年4月より135分(休憩込み)

試験時間:30分

試験形式:30問、選択式、ペーパーテスト 

試験内容:

第一章 SNSの基礎知識
第二章 SNSマーケティングの基礎
第三章 SNSマーケティングのステップ
第四章 SNSマーケティングの実践

合格基準:90%以上(30問中27問正解。3問まで間違えられる。)

スポンサードリンク

SNSエキスパート検定の合否は?

合否については一週間後にメールで通知が来た(18時半過ぎくらい)
まだかまだかと待っていたが、合否通知が18時を回ったのが意外だった。

次はSNSエキスパート検定上級だが、2日間まるまる時間がかかるのと、予約待ちになっているため、今は見送っている。

時期を見計らって受験したいと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!
(おわり)

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク