浅草の『カフェムルソー』の感想〜隅田川沿いのほっこりカフェ。川の流れと優しい雰囲気にリピート希望!

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門 東京




浅草のむぎとろ本店の開店時間に行き、食べ始めるまで一時間半時間があったため時間つぶしのためのカフェを探しに。

すると、むぎとろの裏通りに「カフェムルソー」と言うカフェを見つけた。

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

スポンサードリンク

「カフェムルソー」の情報

TEL:03-3843-8008

営業時間:
月~金     11:00~23:00(L.O.22:30)
土・日・祝   11:00~22:00(L.O.21:00)(ドリンクL.O.21:30)

住所:東京都台東区雷門2-1-5 中村ビル

カフェムルソーは、11時からのオープンで私が麦とろに到着したのは10時45分であった。

そこで麦とろの予約をし12時半まで時間を潰す必要があったので麦とろの裏手にあるカフェムルソーを訪問。

注意

クレジットカードは使うことができず現金のみとなるので注意したい。

見た感じ古そうなカフェで少し入るのに躊躇したが 食べログの点数も3.52とそこまで悪くなかったので、行ってみることにした。

ちなみに場所は2階にある。 お店に入ると窓が開いていて地面に隅田川とスカイツリーが見えるしてアサヒビールの本社が見えるとても気持ちの良い空間であった。

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

お店には客は誰もいなかったが、窓側の座席は予約として入っておりその他の窓側の席を案内された。

カフェムルソーのチョコレートケーキと景色を堪能

今回私が注文したのは チョコレートケーキ一個400円とアイスコーヒー630円アイスコーヒーオレ740円だ。(料金は、2019年9月時点)

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

アイスコーヒーは作り置きを飲む形であったが、少し苦味のある美味しいコーヒーであった。

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

チョコレートケーキに関しては少し固めの濃厚なチョコレートと生クリームが添えてあり、濃厚でとても美味しかった。

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

ちなみに、ケーキセットがおすすめ。安い!!

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

隅田川が流れるのを見ながら、そしてスカイツリーの眺めながら涼しい風の中、土曜の午前中というまったりとした時間をカフェで過ごすことができた。

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

非常に落ち着いてゆっくりできた。

私がお店に入ったのは11時でお店を出たのは12時20分だ。

我々の他にもお客さんが一人で女性が来て本を読んだり、ケーキを食べて言ったりして帰ったりといった。

自由に 落ち着いた利用ができるお店だ。

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門 浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

その他にも予約をしたお客さんが12時20分頃に来て、そして昼食を食べている人もいた。

場所としては浅草の駅からすぐ近くなので、観光客も多いエリアである。

が、路地裏にあるのでゆっくりできるというのが特徴だ。

お店の店員さんが新年らしくお店の人が丁寧に教えていた そういった状況もあってか、お店の人の目を気にせずゆっくりすることもできた。

金曜まで色々仕事で忙しかったのだが、隅田川の近くの浅草の雰囲気にゆったり癒されて私のお気に入りのスポットの一つとなった。

また是非行きたいと思う。

トイレもちゃんとあるので お腹が痛くなった時にはこのカフェに入ってゆっくりと利用するというのもいいかもしれない。

窓からの景色は隅田川 東京スカイツリーそして隅田川のほとりで運動している人々と本当に見ているだけでゆったりした気持ちになり是非ここに住んでみたいなと思えるような空間であった。

今回私が訪問したのは昼だったのでまた夜とかに行ってみるといいかもしれない。

お店の中にもレトロな扇風機が置いてあったりテーブルも大理石で少し西洋の少し昔の町に迷い込んだような印象だ。

浅草,カフェムルソー,ムルソー,隅田川,雷門

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



スポンサードリンク