映画『オーバードライブ』の感想〜プレッシャーに耐えながら高みを目指す姿勢に共感

ヤリス,WRC,オーバードライブ,OVERDRIVE,TOYOTA,新田真剣佑,東出昌大,映画

こんにちは!車大好きタカヒロです(@kyohirofuku

小さい頃はデロリアンとナイトライダーを楽しみ、最近ではワイルドスピードシリーズが好きでブルーレイボックスも購入しました。

そんな私が気になったのが、『オーバードライブ』という映画。東出昌大さんと新田真剣佑さんのダブル主演で話題になってますが、この映画を今の世の中に出したのは車離れを防ぐためにトヨタと電通が仕掛けたGRのプロモーションの一貫です。トヨタと電通がどんな映画を作ったのか?とても気になったので、観てきました。

では、早速参りましょう〜

『オーバードライブ』のあらすじ

世界一のラリードライバーになることを目標にしている檜山真純(新田真剣佑)とメカニックの檜山篤洋(東出昌大)が所属するラリーチーム『スピカレーシング』。このラリーチームが参加する大会における、兄弟の葛藤と成長を描く。

またラリーチームの広告担当である広告会社勤務の遠藤ひかる(森川葵)もチームとの関わりを通じて、自分と向き合い、前に進んでいく。

『オーバードライブ』の感想

まず映画館にいた客層としては、モータースポーツ好きのおっさんと新田真剣佑好きの女子中学生でした。まあ、予測できる客層でしたが。。

しかし!!予想外だったのは、映画が終わった後に女子中学生らしき二人組が「めちゃくちゃ面白かったんだけど!車映画とか普段見ないけど、ここ最近で一番だわ!」と言っていたことです。

たしかに私自身もかなり好きな部類のストーリーだったので、楽しめましたが、女子にここまで共感させることができるのはさすが電通さんと思いました。だてに日本の広告を牛耳っていないなと。

ヤリス,WRC,オーバードライブ,OVERDRIVE,TOYOTA,新田真剣佑,東出昌大,映画

映画のパンフレットも購入してしまいました。。

スポンサーリンク

『オーバードライブ』の印象に残ったシーン

とにかく車がエンジン音を轟かせながら走るシーンがめちゃくちゃ好きなので、そのシーンではマジで泣きそうになりました。ワイルドスピードシリーズが好きな人は楽しめる映画だと思います。

また、個人的には檜山真純(新田真剣佑)がレース前にトイレにこもるシーンが印象的でした。人前では強靭な精神力、強い態度を取っていた檜山が人知れず苦しむ、人間臭い様子にはとても共感しました。

私が昔、幾度となく壁にぶつかり、吐きそうになるくらいがむしゃらに頑張ってきたことを思い出し吐きそうになるのは、俺だけじゃないんだなあと。

ラリー選手の決勝前のプレッシャーに比べれば私のプレッシャーなんぞ小さなものかもしれませんが。モータースポーツという競技でもそういうプレッシャーの中、夢を追いかけている人がいるってのには勇気をもらえました。

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?モータースポーツ好きな方もそうでない方も、結果を追い求めて自らを追い込み、失敗を重ねながらも前に進む様子は共感できると思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
今日はこんな感じで!

『オーバードライブ(2018/6/16)
★★★★☆@TOHOシネマズ南船橋

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメしない