映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の感想〜 リアルすぎる設定と大どんでん返しに驚愕!

映画,22年目の告白-私が殺人犯です-

こんにちは!大晦日は実家でゆっくり過ごしてますタカヒロです(@kyohirofuku大晦日のテレビ番組がどれも面白くないので、今年見たかった映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』をAmazon Prime Videoで鑑賞しました。

韓国で2012年に公開された大人気の映画を日本版にリメイクしただけあって、内容は濃いです。楽しめます。というのも設定がとてもリアルでグイグイ引き込まれる映画だからです。そして最後には予想もできない大どんでん返しが。。

今回はこの映画の感想をシェアしようと思います。では、早速参りましょう〜

『22年目の告白-私が殺人犯です-』のあらすじ

1995年、東京で起きた5件の連続殺人事件。その事件が時効を迎え、警察が捜査できない状態に。そして22年が経った時、殺人犯を名乗る男(藤原竜也)がメディアに出現。そのルックスとカリスマ性から瞬く間に世間を賑わし、人気者になっていく。当時事件を担当し、その殺人犯に上司を殺された刑事(伊藤英明)は動揺を隠せない様子で犯人と接触するが、、、

『22年目の告白-私が殺人犯です-』の感想

とにかく設定がリアルでしたね。そのルックスとカリスマ性から瞬く間に世間を賑わし、人気者になっていく様子がまさに今の日本のメディアの手法で描かれています。テレビ出演、本の出版、LINEスタンプなどあらゆるメディアが殺人犯を取り上げ、お祭り騒ぎになってます。

これは映画の話ですが、とにかく人間の興味関心をひくために、殺人犯を取り上げるというのはメディアの社会性を失う行為であり、今回のようには行かなくても、現実でもそのような取り上げ方も少なからずあるのでは?と思いました。

世間の注目を集めるため?に、確証のないことを記事化して社会を混乱させる某メディアとか。。。ほんまにやめて欲しいです。。

『22年目の告白-私が殺人犯です-』の印象に残ったシーン

全編を通して、1995年の殺人の映像がめっちゃ出てきます。印象には残りますが、結構みてて辛いです(涙) そしてその映像が主人公たちの感情を揺さぶり、物語を大きく変えていきます。ここまでの酷な表現を使うのは日本映画にはあんまりないのかな?という違和感も感じました。原作が韓国の映画なので映画の表現の仕方も違うのかもしれません。韓国映画では日本では考えられない表現もありますもん。(冒頭で、主人公の女の子が電車でゲロ吐いたりとか、普通にあります。)

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?大晦日のテレビがつまらないからネットで映画を観る、というまさに最近のメディア事情を体現する行為で『22年目の告白-私が殺人犯です-』を鑑賞しました。2018年も映画を観てストレス発散しようと思います!
最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

『22年目の告白-私が殺人犯です-』(2017/12/31)★★★☆☆@Amazon Prime Video

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメしない

映画,22年目の告白-私が殺人犯です-

シェアしていただけると飛んで嬉びます