映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』の感想〜レイはダークサイドに落ちるのか?予想を裏切られまくる展開に大興奮

スターウォーズ,最後のジェダイ,エピソード8,レイ,カイロレン,ディズニー,映画,disney

こんにちは!映画大好きタカヒロです(@kyohirofuku今回は公開されて2週間が経過したスターウォーズ エピソード8 最後のジェダイのご紹介をしようと思います。公開後、ずっと観たかったのですが家族との折り合いがつかず年末に観るしかないか、、と諦めていたところ、ちょうどひとりの時間ができたのでディズニーランド横のイクスピアリで一人で観てきました。

では、早速参りましょう〜

スターウォーズ,最後のジェダイ,エピソード8,レイ,カイロレン,ディズニー,映画,disney

ディズニーランドの横にあるイクスピアリの映画館。自宅から20分くらいで到着。

スターウォーズ,最後のジェダイ,エピソード8,レイ,カイロレン,ディズニー,映画,disney

イクスピアリの中のグッズ売り場。さすがディズニーのお膝元、グッズも充実していました。

『スターウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ

本作は帝国軍の残党ファーストオーダーとレジスタンスの戦いの続きです。2015年の前作、『スターウォーズ フォースの覚醒』の最後にルーク・スカイウォーカーを見つけた主人公のレイ。

ルーク・スカイウォーカーはなぜ絶海の孤島にいたのか?レイア・オーガナ率いる反乱軍レジスタンスの仲間になるのか?ファーストオーダーとレジスタンスの戦いの行方は?など気になる要素が満載です。

スポンサーリンク

『スターウォーズ 最後のジェダイ』の感想

とにかく期待を裏切られまくります。あーこの感じならこーいう風に進んでいくなーという観る側の予想をことごとく裏切ってくれる映画です。 割と今までのストーリーが先が読める内容が多かったので今回ほど予測不可能な展開は初めてでした。

タカヒロ
良い意味でストーリーの予測を何度も裏切られました!ただ裏切られすぎたのが逆に意図的にストーリーを読めないようにしてきたなという脚本家の意図も感じました。

そして事前に「予想を見事に裏切られる」とTVの紹介で何度も聞いていたので、レイが暗黒面に落ちるのでは?とドキドキしながら観てました。終始目を見開きっぱなし。先がわからないからこそ、レイがダークサイドに落ちたらどうなるのか、想像するだけでワクワクしますよね。そういう展開もありなんじゃないかとついつい期待してしまいます。エピソード1〜3とは違い先がわからないので見応えがあるということかもしれません。

スターウォーズ,最後のジェダイ,エピソード8,レイ,カイロレン,ディズニー,映画,disney スターウォーズ,最後のジェダイ,エピソード8,レイ,カイロレン,ディズニー,映画,disney

また2時間35分という時間の割に少し設定、ストーリー展開を焦っている印象もありました。どう考えても少し描写不足でしょう、というところやそこ、設定の脇甘くね?と突っ込みたくなるシーンがいくつかありました。

『スターウォーズ 最後のジェダイ』の印象に残ったシーン

テーマカラーは「赤」。とても印象に残る色遣いでした。

「赤」がとても印象的でした。タイトルの周りも赤だし、カイロ・レンのライトサイバーも赤だし、CMでもお馴染みの白い大地の上を赤色の砂埃を立て戦闘機が飛ぶシーンも赤、スノークの部下も赤。まさに赤づくし。そしてただただ美しい。
テーマカラーって本当に頭に残りますね。

スターウォーズ,最後のジェダイ,エピソード8,レイ,カイロレン,ディズニー,映画,disney

フォースの本質とは?その説明に元気づけられました

映画の中でフォースの本質に触れる場面があるのですが、そこで出てきた光と闇、強さと弱さ、大事なのはバランスという言葉が響きました。フォースというとジェダイの特別な力でジェダイが死んだらなくなるというのだが、そうではないのだと。特別な力ではなく、すでに自然界にあるもの。あらゆるエネルギーのバランスが大事なのだと。最近少し無理をして身体を崩したり、周りの人のすごさに圧倒されることが多く自信を失いかけていたのですが、何事もバランス。すごい人にできないことが私にはできる。私は私。とより強く思えるようになりました。

ライトセーバーをぶん回すシーンが多く、大満足!

また個人的には前作よりライトセーバーをぶん回すシーンが多かったのが大満足でした!子供心くすぐるチャンバラ劇はマジで見ていてゾクゾクします。大人も子供も楽しめる、それがスターウォーズなのです。

ちなみに私がアメリカのディズニーランドで観たスターウォーズの子供参加型のショーはこちら▼

中間管理職、ハックス将軍がかわいそう(笑)

中間管理職で特に特別な力もないハックス将軍。とにかく周りに振り回されまくります。彼をみていると中間管理職を彷彿とさせられます。失敗しては部長に責められ、部下の統制にも苦慮し、次の部長になれるかと思ったら別の人に越されたりとか。マジでみてるだけで心苦しくなります。頑張れハックス将軍!

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?スターウォーズ最後のジェダイ。良い意味で期待を裏切られる2時間35分。ずっと熱中してしまいます。週末に観に行ってみては?最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

『スターウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』(2017/12/23)★★★★★@シネマイクスピアリ

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメしない