転職するときの注意点〜転職エージェントは転職時の「秘書」のようなもの。過剰な期待は禁物ですよ!

転職,仕事,キャリア,人生,会社

こんにちは!転職して8ヶ月タカヒロです(@kyohirofuku私は3回ほど転職活動をしてやっとこさ転職しました。その際に感じていたのが、転職エージェントに過度な期待をしていたがために、幾度となくその期待を裏切られたということです。別に転職エージェントのサービスが悪いと言っているわけではありません。なんか知らんけど、過度な期待をしていた自分がいたんです!!そんな自分への戒めと、もしかしたら私のような過度な期待をしている人が他にもいるのでは?その人たちの誤解を解きたい!という想いを込めてこの記事を書きます。

では、早速参りましょう〜

転職エージェントにこんな期待をしていませんか?

私は2012年、2015年、2016年と3回ほど転職活動をしました。転職活動をするたびに思うのが転職活動で転職エージェントの会社に過剰な期待をしてはいけないということです。

転職市場が活性化している今、電車やテレビなどの広告で転職エージェントの会社の広告を見ることが多くなってきました。例えばこんな感じ。

「条件は今よりいい会社、以上!」

「ときには今の会社にとどまった方がよい、そんな選択肢をするのも仕事です」

「本気、だから」

こんな広告を見たら、

タカヒロ
おおー!転職エージェント会社ってメチャメチャ親身になって転職のサポートしてくれそう!

たとえば、こんなことをしてくれるのかな?と期待していました。

  • 転職理由の添削をガチでしてくれる
  • 自分の不安な気持ちをどうにかしてくれる
  • 転職辞めようかな、、とやる気の無くなった自分の背中を押してくれる
  • 面接に落ちまくった場合の原因サポートをしてくれる
  • 自分に的確な転職先を紹介してくれる
  • ただこのようなサポートを転職エージェントはしていません。ここに誤解があります。その原因は広告です。広告の内容が一部、誤解を与えています。

    その誤解というのは転職者が思うほど、転職者の悩み自体に懇切丁寧に応える、手厚いサービスは行ってくれないということです。

    原因は簡単です転職エージェントの会社の人も忙しいからです!1人のひとにたくさんの時間をかけて成長させて転職させるよりも、100人の人に声をかけて面接を受けさせまくったほうが早いからです。それがビジネスです。

    私もそうだったのですがなんとなく転職エージェントは自分の転職を良い方向に全力で導いてくれるパートナーだと思っちゃうんですよね。。ここを誤解しないで欲しいのです。お互い不幸になるだけなので。。

    スポンサーリンク

    転職エージェントが転職希望者に行うサポートはこれだ!

    まずは先ほどの私もそう思っていた誤解を訂正しておきますね。

  • 転職理由の添削をガチでしてほしい

  • タカヒロ
    論理的に筋が通っているかどうか、という観点での添削を行ってくれます。本質まで踏み込んだ観点での添削は自分自身でやりましょう。

  • 自分の不安な気持ちをどうにかしてほしい

  • タカヒロ
    転職エージェントはカウンセラーではありませんし、あなた以外にも担当を抱えています。不安な気持ちは自分でどうにかするか、お金を払ってその手の専門家に依頼してください。

  • 転職辞めようかな、、とやる気の無くなった自分の背中を押してほしい

  • タカヒロ
    転職エージェントは学校の先生ではありませんしあなたの親でもありません。転職するかどうかは自分で決めてください。やる気がなく、転職活動を休止しても転職エージェントは何も言ってきません。転職エージェントは他の人のサポートで忙しいのです。

  • 面接に落ちまくった場合の原因サポートをして欲しい

  • タカヒロ
    転職エージェントはその場にいないので、理由はわかりません。面接の会社に理由を聞いてくれることもありますが、本質的な答えは答えてくれません。答えは自分で見つけるか、専門家にお金を払って相談しましょう。

  • 自分に的確な転職先を紹介してほしい

  • タカヒロ
    あなたの経験に応じた転職先の紹介はありますが、はじめの方だけで、後はコンピュータが自動で勧めてきます。コンピュータまかせにせずに、自分自身で選びましょう。
    タカヒロ
    じゃあ転職エージェントは何をしてくれるの!?

    転職者と企業をつなぐ事務サポート(面接日の調整)

    転職者が希望先企業を選んだあとのエントリーシートの提出や面接日の調整を行ってくれます。

    タカヒロ
    転職者自身が仕事をしながら、転職希望先の企業と転職面接日を調整するのってかなり大変です。その点、転職エージェントが調整をしてくれるのはかなり助かります。本当に感謝感謝です。

    転職者への面接の質問内容サポート(過去の質問内容を教えてくれるサポートや模擬面接)

    転職エージェントは転職者への面接サポートを行ってくれます。面接前の模擬面接や過去の質問内容シート(私の場合は二次面接以降)がありました。面接サポートといっても、制限時間内でどれだけ答えられるか?という面接サポートなので、あなたがどこが改善の余地があって、それをどうすれば改善できるのか?などの深い指摘はありません。そこは自分自身で考える必要があります。

    【注意】
    過去の面接の質問を聞いたからと言って、面接に受かるわけではありません。過去の質問はあくまで参考です。過去の質問がそのまま使われることもないかもしれませんし、答えを用意していたとしても相手を納得させられる答えかどうかもわからないからです。

    タカヒロ的まとめ

    いかがでしたでしょうか?私も転職の際に転職エージェントに過剰な期待を描いていた一人でした。そしてそんな過剰な期待を描いている人が他にもいるんじゃないか?という思いを込めてこの記事を書かさせていただきました。転職エージェントがいたから、ある部分では助かった。この他にも、たくさんの人にサポートをしていただきました。この様々なサポートが積み重なって転職がうまくいった、ということです。その「ある部分」でのサポートの範囲を超えた過度な期待をしないよう、気をつけましょう!!

    タカヒロ
    自分一人では成し得なかった転職。その一部分でのサポートをしてくれた転職エージェントに感謝感謝です!

    【まとめ】
    転職エージェントは「秘書」みたいなもの。過度な期待はせずに事務的に使えるところで使おう。