新年の目標は決まりましたか?私は考える時間の短縮化と本質思考の体得にしました

こんにちは!タカヒロです(@kyohirofuku今年も終わりが近づいてきましたね。今年は転職などの人生の転機が次々と訪れ、本当に激動の一年でした。そして来年をより良い年にするために、来年はどんな年にしたいのか?を考えてみました。では、早速参りましょう〜

新年の目標その1「考える時間の短縮化」

仕事が企画職である関係上、幾度となく企画考えてきてーと言われてきました。そしてその度に何時間もかけて企画案を考えるんですね。ひどい時には土日つぶして考えたりもしてました。何でここまで時間がかかるんだ?という疑問を感じながらも、ただただ苦しかったという記憶しかありません。

そこで来年の目標は「考える時間の短縮化」を目標にします。考える時間を短縮して、一見仕事には関係のないことにも力を入れていくことにします。

結局、考えることって自分の経験からしか答えはでてこないんですよね。だからこそ普段からどれだけインプットをしているのかが重要になってくる気がします。そのインプットをガンガンに増やしていきますよ!

スポンサーリンク

新年の目標その2「本質思考」

先ほどの考える時間の短縮にもつながりますが、物事の本質を考える癖をつけます。「本質思考」というやつですね。今までの思考のクセを客観的に見直し、本質は何か?を考える癖をつけていきます。こうすることで余計なことを考える時間を減らし、より豊かな時間を過ごせるようにしていきます。

この本質思考がなかなか難しいのですが、私なりのコツは好事例を何パターンか思い浮かべて共通点を探すということです。

例えば、「企業広報の役割本質は何か?」という問いに対しては、企業広報で成功している事例を何点か思い浮かべます。そこから共通点を探していくんですね。

企業広報でうまくいっているのは、SUBARU(スバル)とNISSAN(日産)だと私は思います。SUBARU(スバル)は安心、安全な車はスバルというイメージを着実に消費者に植え付けてますよね。

そしてNISSAN(日産)はやっちゃえ、日産という挑戦するイメージを消費者に植え付けることに成功しています。こういう企業のイメージを消費者に植え付ける好事例から企業広報の本質を考えていくのです。

または逆に企業広報がなかったらどうなるか?という考えかたもありですね。それがないことを考えると、そのものの本質が見えてきます。

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?みなさんの来年の目標は何ですか?新年はエネルギーに満ちあふれた、すばらしい時間の区切りだと私は思います。まだ目標を立てていないかたも、ぜひ自分なりの目標を立ててみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

シェアしていただけると飛んで嬉びます