映画『桐島、部活やめるってよ』の感想〜 学校という社会の縮図を忠実に表現してる名作

こんにちは!映画大好きタカヒロです(@kyohirofuku 「桐島、部活やめるってよ」は、先日ご紹介した何者と同じ原作者の朝井リョウさんの作品です。

インパクトのあるタイトルなので、映画名だけは覚えていましたが、2012年に公開された時から、ずっと見ないままでした。。

しかし、先日観た何者が面白かったので、同じ原作者のこの映画も観てみるか!というのがこの映画を観ようと思ったきっかけです。

今回は、「桐島、部活やめるってよ」を見た感想をシェアしたいと思います。

では、早速参りましょう〜

『桐島、部活やめるってよ』のあらすじ

バレー部のエース桐島が、部活を辞めるらしい?そんな噂話が学校中に広がる。そして、桐島の彼女、部活仲間、友達が桐島が部活を辞めるという事実に翻弄されていく物語。

スポンサーリンク

『桐島、部活やめるってよ』の感想

学校は社会の縮図をといいますが、まさにそのことを映像化した作品だと思います。

社会でも1人の人間、例えば会社の社長やカリスマアイドルがいなくなると、周りの人の人生に大きな打撃を与えます。それと同じようなことが、学校でも起こっているような感じです。

タカヒロ
女子同士の見栄の張り合いとかは、特に観てて気持ち悪いですねw

『桐島、部活やめるってよ』の印象に残ったシーン

とりたたててすごい出来事が学校の中で起こるんじゃないんです。ただ単に、キャプテンの桐島が部活を辞めるだけ本当にこれだけです。

その中でも印象に残ったのは、吹奏楽部の部長が好きな人に見てもらいたくて、ひたすら努力するところです。

吹奏楽部の部長に好きな人がいて、その人に気づいてもらうため、いつも高台の所で演奏の練習をしているんです。その様子が、甘酸っぱすぎて、心に刺さりました。

こんな小さな主人公が何人もいて、物語全体を構成しています。本当にそれだけなんですが、その様子が本当に甘酸っぱくて、観ているこっちもハラハラします。学校という社会の縮図をここまで忠実に再現した映画は初めて。

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?誰もが味わった青春時代。その青春時代の思い出を呼び起こしてくれる良い映画です。久々に学校に通ってた頃の感覚を取り戻したい!そんなあなた!是非是非、「桐島、部活やめるってよ」をご覧ください。



『桐島、部活やめるってよ』(2016/10/21)★★★★☆@Amazonビデオ

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメしない