企業におけるブランディング例〜ホンダのブランドについて考えてみた

企業におけるブランドが信用であるという点は前回の記事で述べた。

会社のブランディングを考える前に、そもそもブランドとは何?を考えよう

2016.10.19

今回は、企業の一例として日本が誇るメーカー「ホンダ」のブランドについて考えてみようと思う。

では、早速参りましょう〜

ホンダのブランドとは何か?

ホンダのブランドとは何か?すなわち、お客様はホンダはどんな価値を社会に提供してくれると期待し、それを信用しているのだろうか?

私が思うに、ホンダのブランドとは、

  • 動力を軸とした人間の生活を豊かにする今までにない製品を生み出すこと
  • 今までにない実現するための過程の中で、お客様に夢を与えること
  • の二つに対する信用だと思う。

    この二つの取り組みでホンダはお客様の信頼を獲得し続けてきた。特に後者に関しては、ホンダジェットやF1への挑戦など、お客様もワクワクするような製品や取り組みを社会にアピールしてきた。この挑戦する気概こそが、ホンダの強さだ。



    私自身もホンダ主催のイベント「ホンダドリーム2014」にホンダのバイクで参加し、そこで実際にF1のエンジン音を聞いてワクワクしたのを覚えている。

    CBR600RR コニカミノルタを中古で購入して売るまでの想い出を語ります!

    2016.09.12

    最近のホンダのブランド力は?

    最近のホンダは、nsxの二代目を高額で市場に出すといった、走りに対するホンダのプライドを感じさせる取り組みを行っている。

    2000万円近くのスポーツカーを買うことができる人は少ないかもしれない。しかし、私は二代目nsxを出す意義は、世界に対してホンダの走りに対するプライドを示し、かつてのような世界のホンダのブランドを再び世に知らしめることにあると思う。

    こんなすごい車を生み出すホンダは、一体何を次はしてくれるんだろう?という、ワクワク(信頼)をお客様は感じたのではないか。

    あなたの企業のブランドについて考えてみよう!

    みなさんの企業は、どんなことでお客様から信用されているだろうか?その信用こそがブランドであり、これからも守り続け、進化させ続けていかなくてはならないものである。

    今一度、あなた自身の企業のブランドについて考え、あなた自身のキャリアの方向性とあっているのかについても再考してみてはいかがだろうか?

    最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!