スマホを使った料理写真の撮りかたを紹介!プロカメラマンによるカメラ講座(yelp主催)に参加してきた

こんにちは!アメリカ版の食べログyelpにハマってます。タカヒロです(@kyohirofuku

スマホのカメラ機能の進化と、インスタグラムなどのSNSが流行っているせいか、最近はどこでもカシャカシャとカメラで料理の写真を撮っている人を見かけます。私もその1人です(笑)

料理の写真を毎回撮っていて思うのが、

タカヒロ
この撮りかたであっているのだろうか、、、

ということです。なんとなく我流で撮っていたので、毎回写真を撮るときに不安な気持ちを抱えてました。

そこで今回は、私がイベントでプロカメラマンから学んだスマホで料理写真をうまく撮るコツをご紹介しようと思います。

では、早速参りましょう〜

プロカメラマンから学んだスマホで料理写真をうまく撮るコツ

プロカメラマンから学んだスマホで料理写真をうまく撮るコツは、

  1. レンズをふく
  2. 余計なものは写さない
  3. 困った時は近寄る

です。初心者のかたは、まずはこの3点を意識すれば良いと思います。

スポンサーリンク

プロカメラマンから学んだスマホで料理写真をうまく撮るコツ1「レンズをふく」

「レンズをふく」これは本当に盲点でした。写真の構図などに意識を集中するあまり、カメラのレンズに指紋がついたまま撮影していた!なんてことがよくあるんです。

カメラ,スマホ,コツ,yelp,大阪,料理

私もレンズに指紋がついたことを気がつかないまま、一体何枚の写真を撮ったのだろう、、軽くショックでした。

タカヒロ
料理の前には、スマホのカメラレンズをふきましょう!

プロカメラマンから学んだスマホで料理写真をうまく撮るコツ2「余計なものは写さない」

料理の写真を撮るとき、ついついおしぼりや伝票、メニューなどが写真に入ってしまうことがありますよね。

余計なものが写真に入りそうな時は、余計なものを少しよけてから写真を撮りましょう。

余計なものは写さないように、というプロの教えです▼
カメラ,スマホ,コツ,yelp,大阪,料理

タカヒロ
余計なものをどけるという、少しの手間でぐっと写真の質があがります。

プロカメラマンから学んだスマホで料理写真をうまく撮るコツ3「困った時は近寄る」

読者
「余計なものは写さない」といっても、テーブルも狭いしどうしても写るんですけど!

というかたもいると思います。そうなんです余計なものがどうしても入る時もあるんです!そんな時は、「近寄る」のがベストです。

お皿の枠からはみ出るくらい近寄りましょう▼
カメラ,スマホ,コツ,yelp,大阪,料理

カメラ,スマホ,コツ,yelp,大阪,料理

そして実は私が一番、使っている技がこの「困ったら近寄る」です。

近寄るだけで、美味しそうな料理の写真になるんです。

先週末に食べたもの。野菜からグミまで盛りだくさん(^^) #breakfast #朝飯 #朝食 #morning

A post shared by タカヒロ(Takahiro F) (@takahiro.fuku) on

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?プロカメラマンから学んだスマホで料理写真をうまく撮るコツは、

  1. レンズをふく
  2. 余計なものは写さない
  3. 困った時は近寄る

です。スマホで料理を撮るかたの参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。