映画『X-MEN:アポカリプス』の感想〜 深いストーリー、次元の違う面白さに感動

『X-MEN:アポカリプス』のあらすじ

ミュータント(特別な能力を持った人)が初めて生まれたのはエジプトに王国があった頃(スフィンクス全盛期)にさかのぼる。そのときの王様にもミュータント能力があり、さらに不死身の身体を手に入れたが、仲間の裏切りにより地底に埋められてしまう。その王様が1980年代に復活し、世界を破滅させようとする。そこでX-MENたちが力をあわせて、その王様を退治しましょーというお話。

『X-MEN:アポカリプス』の感想

MARVELの作品は結構観ていますが、X-MENシリーズだけは、次元の違うおもしろさですね。個人的にはアベンジャーズよりも好きです。地球レベルでの危機という壮大なストーリーの中に、各々の人物の未来と過去が複雑に絡み合う様子は観ていて飽きません。特に今までのX-MENシリーズを観たことのある人にとっては、鼻血もんのおもしろさではないかと思います。

タカヒロ
X-MENだけは、MARVELの中で別格のおもしろさです

スポンサーリンク

『X-MEN:アポカリプス』の印象に残ったシーン

仲間の中に高速移動をすることができる人がいるのですが、そのキャラクターが時間がゆっくり動く中で仲間を助けていくシーンは圧巻でした。確か前作品でも彼の活躍が、 大きな助けになっていた気がします。

止まった時間の中を動けるというのは、ジョジョの奇妙な冒険の中でいうとディオ、承太郎の能力。それを実写で体感できるというのは、かなりの爽快感があります。

また彼が家でテレビを観ているときのテレビ番組がナイトライダーだったのも印象的でした。



タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?X-MENシリーズは、本当に外れがありません。どのストーリーも深く楽しむことができます。あまり馴染みがないかたは、まずはこちらからどうぞ↓



最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

『X-MEN:アポカリプス』(2016/8/27)★★★★★@なんばパークスシネマ

★★★★★ 近年有数の名作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 楽しめる
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ オススメしない

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。