自分には才能が無いから他人のx倍頑張らなければならないという考えをやめました

自分がそうだったのですが、よく自分には才能が無いから他人のx倍頑張らなければならない!と自分を奮い立たせたことが過去に何度もありました。試験勉強やスポーツの練習など、とにかく人の何倍も努力してやっと一人前みたいな。

だけどこの考え方ってものすごーく危険です。なぜかというと逆に、自分がx倍頑張らなければ、才能が無いから負けるというのを暗示しているからです。日本人の謙虚な心からでたフレーズかと思いますが、潜在意識的にこれは良くありません。

『何が起ころうとも、自分には価値がある、才能がある』

社会人になると家族や人間関係がより複雑になってきて、人のx倍時間を割くことすら難しくなってきます。人のx倍努力できない自分を責め、どんどん自分で自分の可能性をせばめて行ってしまうんです。

そんな時に大事なのは、『何が起ころうとも、自分には価値がある、才能がある』という考え方です。どんなプロでも始めはみな、素人。そこでいかに自分を信じることができるか、だと思います。

スポンサーリンク

あのイチローだって大変だった

大リーグ3000本安打を達成したイチローですら、大リーグに始めて行くときには周りにさんざんたたかれ、無理だ無理だと言われ、3000本にいたるまでの道のりの中で、何度も結果が出ない時期があり、人前に出るのが嫌だったとまで言っています。しかし、イチローは諦めなかった。自分を信じていたんですね。

ちょっとやってみたら、すぐ周りに批判されたり、あれやこれやと言われたり、、今後もそういうことがあると思います。自分を見失わず、『何が起ころうとも、自分には価値がある、才能がある』ということを胸にまえに進んでいきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。 今日はこんな感じで!

もう1記事読んでいかれませんか?

泣ける!切ない!感動できる恋愛、失恋、結婚PV・曲まとめ

2016.05.15

iPad ProとApple PencilをAppleローン金利0%24回払いで購入した理由

2016.04.13

オリラジ藤森に惨敗!自分の東京マラソンのタイムを芸能人と比較してみた

2016.03.04

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。