30代独身の私が語る、2016年上期のドラマ評価・レビューまとめ

ドラマ 感想 批評 レビュー

こんにちは!ドラマ好きのタカヒロです(@kyohirofuku

私は、大学生の頃からテレビドラマは毎クール必ずチェックしています。しかし、強烈に記憶に残っているドラマ以外は、ほとんど記憶から無くなっているんですよね。かなりの時間をかけている割には、覚えてねえ!という悲しい事態になっているので、ブログに残すことにしました。

ドラマをこれから観ようとしているかたの参考になれば幸いです。
では、早速参りましょう〜

2016年7月 『 営業部長 吉良奈津子 』

松嶋菜々子さん主演のドラマ。やり手の会社員だった主人公が結婚、出産を経て会社に復帰し、奮闘する物語。子供を産んで職場復帰する主人公に、これでもか!という逆風が来ますが、持ち前の負けん気の強さで主人公が乗り切っていく姿は、観ていて清々しいです。

現代では、女性の職場復帰を推奨していますが、このドラマのように実は建前だけの復帰をさせている会社も少なくない、と私は思います。世の中の流れにのっておかないと、体裁が悪いからやっとくか〜的なノリですね。あくまでドラマなので極端ですが、社会派ドラマとしても観る価値はあるかと思います。

また、松田龍平さんも広告のクリエイターとしていい味出しています。主人公二人の仕事に対する熱意が伝わってきて、働いている身としては熱い気持ちを呼び起こしてくれる、そんなドラマです。

オススメ度:★★★★☆

2016年7月『 時をかける少女 』

夏にピッタリの青春物語。時をかける少女と言えば、広島県の尾道三部作一つで「海」なくしては成り立ちません。今回のドラマは、広島県の尾道ではありませんが、「海」のある静岡県の下田がロケ地です。夏、海、青春の3点セットを味わいたい人にはオススメ。

オススメ度:★★☆☆☆

2016年7月 『 家売るオンナ 』

完全なエンターテイメントドラマです。探偵の探偵といい、最近の北川景子さんは寡黙で芯の強い役柄が多いです。「私に売れない家はない」と無理難題を解決していく姿は、さながら半沢直樹を彷彿とさせます。観ていてスッキリするドラマです。また、イモトアヤコさんがいい感じに存在感を出していて面白いです。

オススメ度:★★☆☆☆

2016年7月『そして誰もいなくなった』

最近はあまり観なかったサスペンス系のドラマです。こういったサスペンス系のどらまを観ると、ブラッディ・マンデイを思い出します。ブラッディ・マンデイって2008年だったんですね。。もう8年も前なのか〜時が過ぎるのは早い。。ブラッディ・マンデイもそうでしたが、この手のドラマってみんな敵にみえます(笑)そして、一人一人に裏切られていくんでしょう。第1話で早くも黒幕がわかった感じですが、本当にヤツが犯人かどうかはわかりませんね。今後の展開に期待です。

オススメ度:★★★★☆

ブラッディ・マンデイ DVD-BOX I
アミューズソフトエンタテインメント (2009-01-23)
売り上げランキング: 35,700

2016年7月『せいせいするほど、愛してる』

ティファニーが全面協力したドラマ。武井咲演じる主人公はティファニーに勤める広報担当、タッキーが演じるのはティファニー日本法人の副社長。妻がいるタッキーと武井咲が恋をするお話です。俺についてこい、とタッキーに言われたい、小学校高学年から中学生くらいの女の子が観るシンデレラストーリーですね。

オススメ度:★☆☆☆☆

2016年7月『はじめまして愛しています』

特別養子縁組を題材にしたドラマ。江口洋介さんは硬めの役が多かったのですが、今回のドラマは愛情あふれる中年オヤジを演じています。こうも印象が変わるとは、さすがの演技力だなと感激しました。尾野真千子さんも相変わらずの安定した演技で見ていて落ちつきます。特別養子縁組で引き取った子供が起こす奇跡の物語に期待です。

オススメ度:★★★☆☆

2016年4月『ラヴソング』

主人公の、藤原さくらさんが実家のわりと近くなので観ました。視聴率は月9ワースト1位らしいですが、個人的にはホッコリした感じで良かったと思います。藤原さくらという名を全国に知らしめるという意味では成功したドラマではないでしょうか。

オススメ度:★★★☆☆

2016年4月『私結婚できないんじゃなくてしないんです』

原作があの名著「夢をかなえるゾウ」の著者、しかも主人公が30代独身という、まさに自分自信がターゲットドストライクのドラマでした。そして不思議とカフェや電車の中でこのドラマについて語るカップルの話を2〜3回聞きました。話しやすい話題かつ今までの恋愛マニュアルとは一線を画した内容が視聴者に刺さったのかな〜と思います。独身女性のみならず、独身男性にもオススメできるドラマです。

オススメ度:★★★★★

スポンサーリンク

【おまけ】2015年にハマったドラマ〜その1〜 2015年8月『恋仲』

視聴率が低迷しているフジテレビが平均視聴率二桁を超えたドラマがこの2本です。そして私もこの2本にハマりました。恋仲は主題歌とストーリーとがマッチしていていいですね。そして夏、恋、青春、海、花火の要素がぎっしり詰まっています。個人的には、「来ちゃった」と主人公の家に突然おしかける市川由衣にノックアウトされたことが、記憶に残っています。

【おまけ】2015年にハマったドラマ〜その2〜 2015年10月 『5→9(5時から9時まで) ~私に恋したお坊さん~』

石原さとみの独壇場。彼女をみるために毎週観ていたようなもんですね。石原さとみがCMキャラクターをしているイーオン。そんな彼女が、英会話の先生役ということで、イーオンも「ウヒョ〜」だったのではないでしょうか。石原さとみのお相手は山下智久。不器用ながらも必死に恋をする山ピーに心うたれた視聴者も多かったと思います。こんな二人が織り成す独特の空気感が楽しく、そして切なかったです。

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?テレビドラマと映画だけは、何年たってもやめられません。そして、この記事を書いていて思ったのが、「ドラマってやっぱいいな」ということです。何も考えずに、日常のモヤモヤから解放されて楽しむひととき、それが自分の人生の中では必要な時間なんだな〜と改めて感じました。ただ、しょうもないドラマは観ませんけどね!このドラマ知ってる〜というかた、ぜひコメント欄で語り合いましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。今日はこんな感じで!

もう1記事読んでいかれませんか?

産まれて初めてF1レース『日本グランプリ』を鈴鹿サーキットへ観に行ったよ!

2017.10.15

社会人10年目でわかったプレゼン資料作成のコツ

2017.10.09

RAINS(レインズ)のリュックサックを購入!これで雨の日の通勤も安心です。

2017.09.30

福岡『吉塚うなぎ屋』タレの後付けが新鮮でうまい! 【予約必須の人気店】| 福岡県

2017.09.17

福岡の穴場かき氷なら『雪の晶』ふわリッチかき氷のご紹介 | 福岡県

2017.09.17

ドラマ 感想 批評 レビュー

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。