琵琶湖一周(ビワイチ)のトンネルでは自転車用ライトが必須です!

琵琶湖一周 ビワイチ ロングライド ライト

こんにちは!ロードバイク初心者のタカヒロです(@kyohirofuku

先日、琵琶湖一周(ビワイチ)を完走しました。この大会で一番怖かったのは、、、トンネルの中なんです!今日は、私が怖かったポイントと琵琶湖一周(ビワイチ)でのライト装着についてお話しようと思います。

では、早速参りましょう〜

琵琶湖一周(ビワイチ)ではトンネルが数カ所あります

琵琶湖一周(ビワイチ)ではトンネルが数カ所あります。このトンネルが思った以上に怖いんです。

ロードバイクで走る際にトンネルが怖い理由

とにかく暗くて前が見えにくい。視野が狭くなり、圧迫感がある。
明るい場所から急に暗い場所に行くので、目が慣れるまでに時間がかかります。しかもサングラスをしてい たのでさらに暗い(涙)
ロードバイクで走っている歩道と車道の間に段差がある。
この段差がまた、恐怖を倍増させます。ちょっと車道側にずれようもんなら、車道との段差で転落、そのまま車にぶつかる、という事態にもなりかねません。

スポンサーリンク

琵琶湖一周(ビワイチ)ではライト(前照灯)の装着は必須です

さらに琵琶湖一周(ビワイチ)では、出発する時間が早朝なので周りも暗く、前方が見えにくいです。

そのため、大会規約にも「ライト(前照灯)の装着、早朝時では必ずライトを点灯すること」という記載があります。これは要注意ですね!

2016年琵琶湖一周ロングライドの大会規約については、こちら(クリックで拡大します)▼
琵琶湖一周 ビワイチ


私が使っているロードバイク(自転車)用のライトはこちら▼

タカヒロ的まとめ

いかがでしたでしょうか?ロードバイクでのトンネルの通過、本当にビビりました。琵琶湖一周(ビワイチ)に参加される時は、ライト(前照灯)の装着を忘れないようにしてくださいね!

今日はこんな感じで!