「あたり前にある身近な環境を生かしたい」これが私がランニングをはじめた理由です

長居公園

こんにちは!初心者フルマラソンランナーのタカヒロです(@kyohirofuku

今回は、友人によく聞かれる私がランニングを続けられている理由をご紹介いたします。この記事を読んで少しでも多くのかたのマラソンを始めるキッカケにつながれば幸いです。

では、早速参りましょう〜

長居公園が近くにあるという好立地と貧乏性な性格が理由です。

私は大阪の長居公園という大きな運動公園から走って約1km(6分ほど)の場所に住んでいます。

走ろうと思えばすぐに着替えて長居公園に行けます。

大阪に引っ越してきたときは、「あ~なんか公園があるっぽい」ということしか意識していませんでした。

しかし、「いや、まてよ。ここに住んでいながら走らないということは、ものすごいもったいないことちゃうか?(なぜか関西弁)」と思うようになりました。

使えるものがあるなら、使っとかなくちゃ損損!!という貧乏精神と、

世の中には走りたくても走る環境が整っておらず、走れない人も多くいる中で、ここで走らないのは人としてどうなん?

という気持ちからランニングを始め、継続しています。

長居公園

身近なもので実は他人にとってはスゴイ有益なものって結構ありますよね

今回の長居公園もそうですが、子供のころにこんなエピソードがありました。

私の実家の庭には昔、グリーンのネットがあってそこで父がゴルフの練習をしていたんですね。もちろんこのネットがあると野球の練習もできます。

当時、小学生の私はそれほどスポーツをしていなかったので「なんか家にグリーンのネットがある」という意識くらいしかなかったのです。

しかし、ある日友人が私の家に遊びに来た際に「これスゴっ!毎日庭で野球の練習できるやん!(博多弁)」と言われました。

今思えば、自分にとっては当たり前すぎて価値が感じられないけれども、実はそれを生かすことでものすごい価値を生み出せる可能性があるということをしみじみ感じています。

もう一度、自分の身の周りにあたり前のようにあるもので、価値を生み出せそうなものを、探してみるのもいいかもしれませんね!

今日はこんな感じで!

 

あなたにオススメのエントリーはこちら!

長居公園

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。