仕事メモにカラーペンを取り入れたら、ちょっと仕事が楽しくなりました

マインドマップ

最近、会社でのメモ取りに白黒でマインドマップを用いていたのですが、どうも気持ちが「のらない」ので色ペンを使ってみました。今日はその感想をご紹介しようと思います。

最低3色は使いましょう!

まずマインドマップとは下記のような思考ツールです。

マインドマップとは
マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。
「マインドマップ」という呼称は、英国ThinkBuzan社が商標登録を管理している。
Wikipediaより

私は今年、このツールを知り、メモ書きはなるべくマインドマップでとるようにしています。

マインドマップ

そして、そのマインドマップの講師のかたがおっしゃっていたのが、「色は3色以上使うと良い」ことです。

私も実践してみましたが、確かに「楽しい」です。ドンドン筆が進む感覚で、気持ちもワクワクします。

問題はこれを続けていったときにこのワクワクが無くならないか?です。

しばらく自分の気持ちを観察しようとおもいます。

マインドマッパーが使っているペンケースはこれです!

この筆箱を持っていたら大体マインドマッパー(マインドマップを書く人)です(笑)

この筆箱は、

マインドマップを書く際に色が多くなる→ペンが多くなる→筆箱がでかくなる→机に置くスペースがない

という問題を解決してくれます。それは「ペンを縦に収納しているから」です。

私も買ってみたのですが、メチャ便利です。

 

 

 

興味のあるかたは是非見てみてくださいね。

今日はこんな感じで!

マインドマップ

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。