暑さが和らいできたら、さあ六甲山へ行ってみよう!初心者が久々の登山を楽しむ方法

暑さも和らいできた8月下旬、神戸に住む友人から登山のお誘いを受け、六甲山へ行ってきました。

当日のスケジュールはこちら!1日で充実のスポットを満喫できます。

9:00 芦屋川駅集合、登山開始
9:30 ロックガーデン滝乃茶屋到着
13:15 一軒茶屋到着
13:45 六甲山山頂
14:10-14:40 移動(県道16号通るので車に注意!)
14:40 六甲ガーデンテラスへ到着
14:40-15:10 散策
15:20 六甲有馬ロープウェー 六甲山山頂駅へ到着
15:45 有馬温泉駅に到着
15:45-17:40 散策(金の湯)
17:50 梅田行きの阪急高速バスに乗車
18:40 千里ニュータウン(北大阪急行桃山台駅前のバス)に到着
18:55 パスタ屋で食事
19:30 解散

芦屋川自体が大阪、神戸の中心部から近いので電車で集合してすぐに出発、時間的にも余裕をもって楽しむことができました。登山に関し、いくつか気になるポイントがあったので紹介していきます。

山をなめてはいけない。朝ごはんはしっかり食べておこう!

4時間にも及ぶ登山とは思っていなかったので、朝ごはんはプロテインだけで済またところ、2時間くらいでお腹が空き、非常に苦しい登山となりました。朝ごはんは、おにぎり、パン、バナナなど糖分をしっかりとって登山にそなえましょう!

banana

私服は恥ずかしい(笑)芦屋川駅に着くと、もう登山ウェアの人がたくさん!!動きやすい服装を着て行こう

登山といってもそこまで、気合入れる必要はありませんが、流石にシャツとジーパン、というわけにはいきません。登りにくいですし、何よりも周りと見比べて、うきます(笑)

登山ウェアまで気合いを入れる必要はありませんが、

  • 運動用の上着
  • 長ズボン
  • 登山用の靴

を履いて行きましょう。(特に長ズボンは大事です。つまずいて転んだり、草の中を歩く際に足を守ってくれます。)

登山

十分な水分補給を!飲み物は最低2本は必要

1本あれば大丈夫っしょ〜!と思い、ロックガーデン滝乃茶屋で500mlのペットボトルを1本しか買いませんでした。その結果1時間もすると、のどが渇きほとんどの水を飲み尽くしてしまいました。そして残りの3時間、友人と飲みものを分け合うという、なんとも涙ぐましい状況となってしまいました。最低2本は持って行きましょう!

water

補給食を準備しておこう

朝ごはんをしっかり食べていても、数時間も歩けばお腹が減ります!おにぎり、ウィダーインゼリーなど糖分を補給できるものを持参しましょう。登山ウェアを着たベテランの方々をみていると、9時から登山を開始して12時前にはおにぎりを食べて休憩をしていました。

rice

汗拭きタオルを準備しておこう

こちらも当たり前のようですが、忘れがちです。タオルだと持って歩くのが大変というかたはリストバンドも便利ですね。私はマラソンで使っている下のリストバンドをつけて行きました。

リュックサックは必須

リュックサックは必須です。特に六甲山は、途中岩場を登る箇所もあるので両手を使います。くれぐれも、斜めがけのバックでいくようなことは無いようにしてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず先に帰りのバスの時間を調べておこう

公共の交通機関を使ってくる際には、有馬温泉からのバスの時間も事前に調べておくと良いですね。

阪急高速バスのホームページはこちら
http://bus.hankyu.co.jp/highway/

bus

まとめ:都会からのアクセスも抜群!さあ、六甲山へ登ってみよう!

久々の登山で標高932mの六甲山ですが、準備さえしっかりしておけば、楽しく山登りをすることができます。そしてその達成感に浸ったまま、有馬温泉で汗を流すというのが、これまた格別です。山に登りやすい季節になってきたので、是非、六甲山に登ってみてくださいね。

六甲山

シェアしていただけると飛んで嬉びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。